フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2012/10/27 (土) ~ 2012/11/04 (日) 公演終了

休演日:http://www.festival-tokyo.jp/program/12/lepreaud_unseul/

上演時間:

不法滞在者やロマ族が暮らす移民キャンプ。本作はその実態をアーティスティックな視点で再構成した、展覧形式の演劇だ。
ガランとした空間に金属製のベッドを一直線に並べたインスタレーション<ダマステスへの道>は、鉄の寝台に合わせて人々の身体を改造した強盗ダマステスの物語(ギリシャ神話)から発想された...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/27 (土) ~ 2012/11/04 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演
脚本
演出 ジャン・ミシェル・ブリュイエール/LFKs
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2012/09/15
日付指定券 
一般前売 3,000円(当日 +500円)
学生 3,000円/高校生以下 1,000円(前売・当日共通、当日受付にて要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/12/lepreaud_unseul/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10/27(Sat) 14:00-/20:00
10/28(Sun) 14:00-/20:00
10/29(Mon) 15:00-/21:00
10/30(Tue) 15:00-/21:00
10/31(Wed) 15:00-/21:00
11/1(Thu) 15:00-/21:00
11/2(Fri)   15:00-/21:00
11/3(Sat) 14:00-/20:00
11/4(Sat) 14:00-/20:00
説明 不法滞在者やロマ族が暮らす移民キャンプ。本作はその実態をアーティスティックな視点で再構成した、展覧形式の演劇だ。
ガランとした空間に金属製のベッドを一直線に並べたインスタレーション<ダマステスへの道>は、鉄の寝台に合わせて人々の身体を改造した強盗ダマステスの物語(ギリシャ神話)から発想されたもの。一方、白い大きなテントの中では、やせこけた移民の男性が、淡々とキャンプ生活を演じ続ける――。
フランスの鬼才、ジャン=ミシェル・ブリュイエール率いるLFKsは、メディアでは報じられない複雑な現実を、観る者の知覚を直接刺激する"体験"へと変換し、提示する。教室から体育館、校庭まで。にしすがも創造舍全体を巡回し、そのパフォーマンスを鑑賞しながら、観客は否が応にも、移民をめぐる諸問題に想いを馳せ、自らの"他者への視線"を意識することになるだろう。初の東京滞在制作の体験をも反映させたその空間、時間は、深く厳しい思索への扉となる。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/15 20:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/03 15:26 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大