演劇

第三十九回 劇団レッドフェイスプロデュース公演

演劇

第三十九回 劇団レッドフェイスプロデュース公演

七慟伽藍

THE REDFACE

ザムザ阿佐谷(東京都)

2012/09/06 (木) ~ 2012/09/09 (日) 公演終了

上演時間:

戦国時代から既に四五〇年。瞬く間に時だけが虚しく過ぎ去っていた。血塗られた戦国武将らの魂は果てしない漆黒の闇に包まれた『冥界』を孤独に彷徨い続けていたのだった。
哀れその『冥界』の囚われ人となったのは、この七人の戦国武将(織田信長・武田信玄・豊臣秀吉・徳川家康・朝倉義景・浅井長政・空けつ光秀...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/06 (木) ~ 2012/09/09 (日)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 榊原利彦、真京孝行、鈴木勇人、伊藤アルフ、長縄龍郎、砂押正輝、延本英祥、大和琢也
脚本 龍造寺理琴
演出 榊原利彦
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】
前売 4200円
学生 3000円
当日 4500円
サイト

http://www.sakaki-net.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 戦国時代から既に四五〇年。瞬く間に時だけが虚しく過ぎ去っていた。血塗られた戦国武将らの魂は果てしない漆黒の闇に包まれた『冥界』を孤独に彷徨い続けていたのだった。
哀れその『冥界』の囚われ人となったのは、この七人の戦国武将(織田信長・武田信玄・豊臣秀吉・徳川家康・朝倉義景・浅井長政・空けつ光秀)。
そして、その報われぬその魂を天界へと導くために伝説の尼僧『八百比丘尼』がお姿を現した。
やがて武将らは、かつて決して語られることのなかった自らの『死の真相』と『最期の想い』を口々に語りだすのだった。家族・家来、自らのその生涯までもを犠牲にして求め続けていたものは、果たして何であったのか。
戦に疲れ果てたそれぞれの心が唯一求めていたもの、それは平穏なる安らぎの日々。『静寂』だけであったのだ。
瞬間、そこに一筋の光が皆を照らし出す。・・・今、静かにゆっくりと、天界の扉が開き始めた。
『―永久の『静寂』が・・・、やっと、ここに訪れた!』
しかし、そこに・・・たった一人の、稚児が現れる。
その他注意事項 ザムザ阿佐ヶ谷は土足禁止の劇場です。
また、お席はすべてベンチシートとなっております。
スタッフ 照明/谷川裕俊 音響/橋本絢加 衣裳/榊原理惠子 舞台デザイン/RED・FACE・STAFF 制作/佐藤りお(TEAM#BISCO)
協力/松竹芸能 ファミリーアーツ プラチカ 2年3組 アルファーシャイニング Office・ASOBO

[情報提供] 2012/08/12 14:56 by 紡 りお

[最終更新] 2012/08/22 00:58 by 紡 りお

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

紡 りお

紡 りお(1)

制作 当日運営 その他(票券、写真撮影)

制作です!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大