舞踊・バレエ

風の器with齋藤轍

遠野物語より

牡丹と馬

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

風の器with齋藤轍

牡丹と馬

遠野物語より

風の市

野方区民ホール(東京都)

2012/08/25 (土) ~ 2012/08/25 (土) 公演終了

上演時間:

遠野の里長の娘、牡丹は、馬と育ち遊ぶうち、互いに愛し合うようになりました。長者は激怒し、馬を殺し、皮を剥ぎ、桑の木に張ります。馬を失った娘の嘆きに、馬は蘇り、娘を抱いて”かいこ”となって、天へのぼるのです。 恐ろしいもの、薄気味悪いもの、よくわからないものー。私たちの生活に寄り添ってきた異形の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/25 (土) ~ 2012/08/25 (土)
劇場 野方区民ホール
出演 庄崎隆志、南雲麻衣、齋藤徹
演出 庄崎隆志、南雲麻衣
振付
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
サイト

http://blog.livedoor.jp/ikantarung-bta/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月25日 (土曜日)14:00、18:00
説明 遠野の里長の娘、牡丹は、馬と育ち遊ぶうち、互いに愛し合うようになりました。長者は激怒し、馬を殺し、皮を剥ぎ、桑の木に張ります。馬を失った娘の嘆きに、馬は蘇り、娘を抱いて”かいこ”となって、天へのぼるのです。 恐ろしいもの、薄気味悪いもの、よくわからないものー。私たちの生活に寄り添ってきた異形の神たち。遠野物語には、彼らに対する畏敬があふれています。暗闇から逃れようとすればするほど、私たちの身体はいくつもの鎖に縛られ、沈黙に追い込まれていきます。

風の市プロデュースは、ありのままの身体の動きを異形の神たちの舞に託し、我々の身体と感覚の沈黙に闇とざわめきを取り戻します。舞台を見終わった後、あたりまえに、笑い、なき、驚き、怒り、愛し、生きている、この身体が、今までとは少し違ったものに思えるでしょう。

風の市プロデュースはろう者演劇家集団です。今回は、ピナバウシュ劇団のソロダンサー、ジャン・サスポータス氏との共演でも話題の、世界的コントラバス奏者、齋藤徹さんをお迎えして、遠野ものがらりより「牡丹と馬」の世界を体現いたします。

手話・音声言語の使用は一切ありません。

あなたにとって、からだとは?あなたにとって、ことばとは?

いままでの世界観を覆す舞台となりますよう、精一杯稽古しております。

斉藤さんファンも、風の器も必見の舞台です。

8月25日は、ぜひ野方WIZホールへ
その他注意事項
スタッフ
  美術監修/安元亮祐
  演出助手/山下エリ
  舞台監督/榎本トオル
  照明オペレーター/牧野英玄・善岡修
  制作/山下恵理
  裏方スタッフ/HITODE-STAGE
  協力/あずま屋寺小屋 蛙の会 上山ホサナ 森下利来彩
  写真/渡辺伸司

[情報提供] 2012/08/08 16:39 by 風の器さん

[最終更新] 2012/08/16 23:38 by ぺんぎん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ぺんぎん

ぺんぎん(0)

やばいやばい、やばすぎる!!格好良すぎる。8月25日は...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大