演劇

KYOTO EXPERIMENT 2012

KUNIO10『更地』

KUNIO

元・立誠小学校(京都府)

2012/09/27 (木) ~ 2012/09/30 (日) 公演終了

上演時間:

KYOTO EXPERIMENT 2011では、上演時間が約8時間半にもおよんだ大作、KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』を発表。複雑な物語と数多くの登場人物を見事にまとめあげた濃密な舞台で、大いに評判を呼んだKUNIO。今回は、沈黙劇をはじめ独自のスタイルを追求し続けた、太田省吾の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/27 (木) ~ 2012/09/30 (日)
劇場 元・立誠小学校
出演 武田暁(魚灯)、大窪人衛(イキウメ)
脚本 太田省吾
演出 杉原邦生
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2012/08/06
一般       前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生   前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア      前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
小・中・高校生  前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25 歳以下、シニアは65 歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/kunio/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 KYOTO EXPERIMENT 2011では、上演時間が約8時間半にもおよんだ大作、KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』を発表。複雑な物語と数多くの登場人物を見事にまとめあげた濃密な舞台で、大いに評判を呼んだKUNIO。今回は、沈黙劇をはじめ独自のスタイルを追求し続けた、太田省吾の戯曲に挑む。
KUNIOは当時大学4回生だった杉原邦生が、様々な演劇作品を演出する場として、2004年に立ち上げられた演劇ユニット。以来、俳優やスタッフを固定せずに、国内外のヘビー級の戯曲ばかりを選んで上演してきた。観客の予測を裏切るような挑発的な仕掛け、ポップでハイテンションなアプローチ。KUNIOの舞台は常に刺激的であると同時に、戯曲の本質を浮き彫りにしてみせるという、とてもアクロバティックな着地を決めてきた。
その他注意事項
スタッフ 【作】 太田省吾

【演出・美術】 杉原邦生

【舞台監督】 大鹿展明

【照明】 魚森理恵

【音響】 齋藤学

【衣装】 植田昇明

【宣伝美術】 外山央

【Web】 ヨシダホーセー

【演出助手】 土屋和歌子

【制作】 小林みほ

【協力】 イキウメ、エッチビイ、魚灯、楠海緒

【製作】 KUNIO

【共同製作】 KYOTO EXPERIMENT

【主催】 KYOTO EXPERIMENT

[情報提供] 2012/07/24 03:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/08 19:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大