NPO法人 DANCE BOX

元・立誠小学校(京都府)

2012/09/22 (土) ~ 2012/09/23 (日) 公演終了

上演時間:

ベルリンを拠点に活動する「劇団ティクバ」。NPO法人ダンスボックスによってはじめられた「循環プロジェクト」。障がいのあるなしの境界を超えて、舞台表現と向き合うこの2つのプロジェクトは、2009年から国際共同プログラムを継続。今回のKYOTO EXPERIMENTでさらなる展開をみせる。
振付...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/22 (土) ~ 2012/09/23 (日)
劇場 元・立誠小学校
出演 カロル・ゴレビオウスキ、ニコ・アルトマン、砂連尾理、ゲルト・ハルトマン、福角宣弘、福角幸子、西岡樹里、星野文紀
演出 砂連尾理
振付 砂連尾理
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2012/08/06
一般       前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生   前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア      前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
小・中・高校生  前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/jareo_thikwa/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ベルリンを拠点に活動する「劇団ティクバ」。NPO法人ダンスボックスによってはじめられた「循環プロジェクト」。障がいのあるなしの境界を超えて、舞台表現と向き合うこの2つのプロジェクトは、2009年から国際共同プログラムを継続。今回のKYOTO EXPERIMENTでさらなる展開をみせる。
振付、演出を手がけるのは、2008〜2009年に文化庁の研修員として訪れたベルリンで、ティクバと出会ったダンサー、振付家の砂連尾理(じゃれお・おさむ)。以来、障がいと健常、福祉とアート、そして日本とドイツといった異なる文脈を超えて対話を生み出し、その差異にひそむ微細な世界に目を凝らしながら、作品として成立させてきた。
その他注意事項
スタッフ 【構成・振付・演出】 砂連尾理

【ダンスドラマトゥルク】 中島那奈子

【アーティスティック・コラボレーション】 ゲルト・ハルトマン

【音】 西川文章

【照明】 三浦あさ子

【舞台監督】 大田和司

【舞台美術】 望月茂徳、目次護、椎橋怜奈、立命館大学映像学部望月ゼミ

【製作】 NPO法人DANCE BOX、劇団ティクバ

【共同製作】 KYOTO EXPERIMENT

【助成】 Berlin Senate’s Cultural Affairs Department

【主催】 KYOTO EXPERIMENT

[情報提供] 2012/07/24 03:27 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/24 03:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大