大野城まどかぴあ

大野城まどかぴあ(福岡県)

2012/10/07 (日) ~ 2012/10/07 (日) 公演終了

上演時間:

東憲司書き下ろしの最新作を、大野城市市制40周年記念事業として、大野城まどかぴあで上演します。九州の天狗伝説のある村を舞台に、家族の絆と民話とが重なり合い、展開する物語。東作品ならではの力強く、エネルギー溢れる世界が描かれます。
 出演者には九州出身である村井国夫、岡本麗、池田成志といった実...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/07 (日) ~ 2012/10/07 (日)
劇場 大野城まどかぴあ
出演 村井国夫、池田成志、岡本麗、川﨑初夏
脚本 東憲司
演出 東憲司
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2012/07/07
一般前売り 3,500円(当日4,000円)
学生前売り 2,000円(当日2,500円)
サイト

http://www.madokapia.or.jp/events/detail/26

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 東憲司書き下ろしの最新作を、大野城市市制40周年記念事業として、大野城まどかぴあで上演します。九州の天狗伝説のある村を舞台に、家族の絆と民話とが重なり合い、展開する物語。東作品ならではの力強く、エネルギー溢れる世界が描かれます。
 出演者には九州出身である村井国夫、岡本麗、池田成志といった実力・個性ともに兼ね備えた俳優陣が揃い、存在感のある演技で魅了します。この機会をお見逃しなく!

【あらすじ】
満月の人よ・・・満月の人とは天狗の意味である。
神隠しは天狗の仕業と云う説がある・・・
家人を遥か彼方に連れ去る。古今東西にある伝承だ。

ここにひとつの家族がいる。かつて天狗に母親をさらわれた家族。
が、父親と息子は泣かなかった・・・それどころか嫉妬した。
どうして天狗は母親を選び、自分達を選ばなかったのだろうと。
年月が流れた・・・天狗にさらわれた母親が帰って来た。
そして今・・・彼らの奇妙な生活が始まる。


★東憲司による演劇ワークショップ開催★

10/7(日)に開催される演劇公演『満月の人よ』に連動して、作・演出の東憲司さんによる演劇ワークショップを開催します。
 高校生以上の演劇経験(1年以上)がある人を対象として、観劇前に本作品の魅力に触れることのできる貴重なワークショップです。 参加者は特別料金で本公演を観劇できます。《一般2,000円、学生1,000円》
 “観て” 楽しんで、“参加して” 楽しみませんか?

【日  時】10月7日(日)9:30~12:00予定
【会  場】大野城まどかぴあ 大会議室(3F)
【参加資格】高校生以上で演劇経験(1年以上)ある方
【参 加 費】500円(公演チケット優待あり)
【定  員】20名程度 ※先着順(定員になり次第締め切らせていただきます)

☆申込方法☆
参加ご希望の方は、大野城まどかぴあHPから参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、まどかぴあ文化芸術振興課「東憲司演劇ワークショップ」係宛にFAX(092-586-4021)・郵送、またはまどかぴあ1F総合案内まで直接ご持参ください。


☆東憲司PROFILE☆
99年秋に「劇団桟敷童子」を旗揚げ。劇団の代表であり、演出と劇作を手がける。その作品の多くは、出身地である福岡を舞台に、自分の過去や社会に対して傷を持つ物が、その出来事に対面し、それでも生きていくという普遍的なテーマをもっている。ウエットな作風でありながら、ラストにはダイナミックな大仕掛けの演出により「生」への渇望みなぎる力強い東の作品は、世代を超えて幅広い支持を受けている。


その他注意事項  
スタッフ

[情報提供] 2012/07/19 11:40 by 大野城まどかぴあ

[最終更新] 2012/10/08 23:16 by 大野城まどかぴあ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大