演劇

東京凡人座第2回公演

~ウルトラバイオレットラブ~

海の家

デザイン:大木瞳

0 お気に入りチラシにする

演劇

東京凡人座第2回公演

海の家

~ウルトラバイオレットラブ~

東京凡人座

シアターシャイン(東京都)

2007/09/07 (金) ~ 2007/09/09 (日) 公演終了

上演時間:

 代表の瀬戸宏一が一年ぶりに書き下ろした青春モノ、本人は夏も海も「日焼けすると痛いから」とあまり好きではないと公言しているが「いや~でも水着は好きなんだよ」とのこと・・・。

 本作は作者が多感な10代後半に過ごした石川県かほく市にある海岸の海の家がモデルになっており、作者が実際に出会った...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/09/07 (金) ~ 2007/09/09 (日)
劇場 シアターシャイン
出演 小林達明、佐倉一芯、鈴木雄太、大土蓉子、高柿洋佑、為村篤、菊池航、稲葉佳那子、渡辺敏、細川貴之、ハイジマン、瀬戸宏一
脚本 瀬戸宏一
演出 瀬戸宏一
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,800円
【発売日】2007/08/07
前売り1500円/当日1800円
サイト

http://www17.ocn.ne.jp/~bonjinza/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  代表の瀬戸宏一が一年ぶりに書き下ろした青春モノ、本人は夏も海も「日焼けすると痛いから」とあまり好きではないと公言しているが「いや~でも水着は好きなんだよ」とのこと・・・。

 本作は作者が多感な10代後半に過ごした石川県かほく市にある海岸の海の家がモデルになっており、作者が実際に出会った地元民をこれでもかというくらい誇張して描いている。
 実際に作者が10年ぶりに白尾海岸に訪れた際、かつては賑わった海岸も10年間の間に砂浜は侵食され大幅に縮小していた・・・。
 それでも変わらない波の音は作者に「芝居を書いてくれ!」と
囁いたと瀬戸氏はノスタルジックな顔で嘘をついた。
 
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】       /本田智
【演出助手】       /ハイジマン
【照明】          /保坂真矢(fantasista?ish)
【WEB】         /松浦鈴音
【広報】          /渡辺敏
【制作】          /田中結希子
【制作協力・票券管理】/481エンジン
【企画】          /東京凡人座 

[情報提供] 2007/07/24 02:35 by いっしん

[最終更新] 2008/08/03 22:26 by 瀬戸宏一

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

みその

みその(0)

当制でした。当時は座員になるだなんて思っても居ませんでした。

瀬戸宏一

瀬戸宏一(0)

作、演出、出演のずうずうしい男です。

いっしん

いっしん(13)

役者・俳優

役者で出ます。元気いっぱいです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大