演劇

48BLUES 005th GIG

マク○ス

48BLUES

アイピット目白(東京都)

2004/11/17 (水) ~ 2004/11/21 (日) 公演終了

上演時間:

Q"ヨンパチさんだけに、もちろん普通じゃないですよね?" A"はい。そうです"
現実だけがすべてとなってしまった今の時代の窮屈さを、
男だらけのヨンパチ版マクベスが、時代の扉をこじ開ける…。
渾身一滴の問題作!?

Q・なぜ今、シェイクスピア4大悲劇の一つ、「マクベス」なのか?
A...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2004/11/17 (水) ~ 2004/11/21 (日)
劇場 アイピット目白
出演 大濱琥太郎、市村圭蔵、ほりかわひろき、帖佐
脚本 市村圭蔵
演出 大浜小浜
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://blog.48blues.com/?eid=67912

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Q"ヨンパチさんだけに、もちろん普通じゃないですよね?" A"はい。そうです"
現実だけがすべてとなってしまった今の時代の窮屈さを、
男だらけのヨンパチ版マクベスが、時代の扉をこじ開ける…。
渾身一滴の問題作!?

Q・なぜ今、シェイクスピア4大悲劇の一つ、「マクベス」なのか?
A・ほとんどの劇団では、「コント? コメディ?」という等身大の芝居が行われている。
むしろ、現代に起きる事件のほうがはるかに演劇的になっている。
そしてその事件の根本は、"この世界がすべて"となってしまった閉塞感にあると思う。
それを解き放ってみたいと思った。
むしろ古典劇を見直し、シェイクスピアと散々格闘して、もて遊んでみたい。
そして2004年初冬、わんさとある小劇場界の公演の中でも、
ふたつとない壮大なドラマをやってみたいと思う。
(演出・大浜小浜 談)

気弱で、残虐で、出鱈目だが、
マクベスが「必死」になればなるほど格好良かったり美しかったりする。
48BLUESはこの「必死」がやりたいのだろう。
セオリー通りの怒りや野心を描いたものではなく、
見方によってはただの殺人狂にも受け取れるこの『マクベス』のような
ヘンテコな台本を選択した最大の理由がそれだ。
ヘンテコでバカバカしいものを「必死」にやる
この集団ならではな当然といえば当然の選択だったと思う。
(脚本・市村圭蔵 談)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/07/23 02:00 by あけみ

[最終更新] 2007/08/04 01:13 by あけみ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ロッキー

ロッキー(0)

記念すべき005GIG シェイクスピアです。ヨンパチ...

ふぇ~きち

ふぇ~きち(0)

48公演のなかでも最も原作に忠実にやった作品かと思いま...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大