演劇

「村山知義の宇宙」展関連企画

現在に『スカートをはいたネロ』を試演する

中野成樹+フランケンズ

世田谷美術館(東京都)

2012/07/16 (月) ~ 2012/07/16 (月) 公演終了

上演時間:

村山知義の代表的な戯曲『スカートをはいたネロ』を取り上げ、村山の演劇人としての側面に迫る注目の企画!

1924年、築地劇場『朝から夜中まで』の舞台装置で好評価を得た村山は、その後歌舞伎役者の河原崎長十郎らと劇団「心座」を立ち上げ、演劇人としての活動を本格化、またプロレタリア文化活動に傾倒...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/16 (月) ~ 2012/07/16 (月)
劇場 世田谷美術館
出演 村上聡一、福田毅、竹田英司、田中佑弥、洪雄大、野島真理、石橋志保、斎藤淳子、小泉真希、北川麗
脚本
演出 中野成樹
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,300円
【発売日】
ホームページ限定予約(公演+展覧会チケット)=1300円/当日(公演のみ)=1000円/当日の展覧会チケットをお持ちの方=500円
サイト

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/event/list.html#pe00337

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 村山知義の代表的な戯曲『スカートをはいたネロ』を取り上げ、村山の演劇人としての側面に迫る注目の企画!

1924年、築地劇場『朝から夜中まで』の舞台装置で好評価を得た村山は、その後歌舞伎役者の河原崎長十郎らと劇団「心座」を立ち上げ、演劇人としての活動を本格化、またプロレタリア文化活動に傾倒していきます。『スカートをはいたネロ』は、その渦中にある1927(昭和2)年に書かれた人形芝居で、26歳の村山が作・演出・装置を手がけました。物語は、18世紀後半のロシア帝国の冷酷無慈悲な女帝を描くことで、身分制社会の構造を批判する内容になっています。

本企画は、村山が生きた時代の表現活動の根底にあった問い=「いま(コンテンポラリー)の表現とは何か」を、同じ精神で現代演劇に切り込んでいる演出家・中野成樹(なかのしげき)によって浮かび上がらせる試みです。中世・近代の"名作翻訳劇"を、「誤意訳」という独自の戯曲解釈と現代のリアルな身体で現代演劇として再生し、注目を集める中野。台本を忠実に用いながらも、音楽性あふれる構成とシンプルな美術により、エレガントにしてポップに仕立て上げ、多くの演劇ファンを魅了しています。今回は、自らのカンパニー「中野成樹+フランケンズ」を率いて試演します。ぜひ展覧会と併せてご覧下さい。お得なセット券(公演+展覧会チケット)をご予約いただけます。
(※ご予約の際、備考欄に、13:00/15:00/17:00 のうちご希望回をご記入下さい。)
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:中野成樹
キュレーション:岡崎松恵(NPO法人Offsite Dance Project)

[情報提供] 2012/06/10 06:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/18 07:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大