演劇

第十回公演

太  陽

0 お気に入りチラシにする

演劇

第十回公演

太 陽

アカネジレンマ

劇場HOPE(東京都)

2012/08/22 (水) ~ 2012/08/26 (日) 公演終了

上演時間:

―太陽が、まぶしかったんだ。
だからあのころは、何も見えちゃいなかった……。

「生存者のみなさま、こちらはアオヤギアカシと申します。
僕は今、元中野区にある劇場で、家族とともに暮らしています。
もし生きていて、生きるのに困難な方がいらっしゃいましたら、
元中野区中野3-22-8に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/22 (水) ~ 2012/08/26 (日)
劇場 劇場HOPE
出演 宮崎泰樹、水本貴大、奥田満、(以上アカネジレンマ)、阿部みゆき、唯島久実、芝田遼、長谷川深幸、安田ヨーグルト、吉田啓子、吉田有里
脚本 永利祐太(アカネジレンマ)
演出 永利祐太(アカネジレンマ)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2012/06/30
前売:2,500円 
当日:3,000円 
(全席自由・日時指定)
サイト

http://akanedilemma.com/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ―太陽が、まぶしかったんだ。
だからあのころは、何も見えちゃいなかった……。

「生存者のみなさま、こちらはアオヤギアカシと申します。
僕は今、元中野区にある劇場で、家族とともに暮らしています。
もし生きていて、生きるのに困難な方がいらっしゃいましたら、
元中野区中野3-22-8に来てください。地下にある小さな劇場が、僕たちの住処です」

ラジオから流れてきた放送を聞きつけ、彼らは訪れる。
長い旅路の果てに出会うのは、五人のキョウダイたち。
彼らは家族が朗らかに暮らすこの場所を安息の地として
ともに生活を始めるが、次第にこの家族があるルールに
のっとって暮らしていることに気がつき始める。
旅に出ていた祖父が帰宅したとき、家族の秘密が明かされる。

それは、永遠に続くと思っていた日常の、崩壊のときでもあった。


アカネジレンマ第十回を迎える本公演。

どこにでもある場所に、
等身大の人々がつどい、
日常を淡々と過ごす群像劇。

一歩下がって見てみれば、日常ってなんて不思議で面白い。
そんな世界をお送りします。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/06/07 20:18 by 菜々子

[最終更新] 2012/09/24 23:41 by 菜々子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

yoshiD_koikel

yoshiD_koikel(0)

出演です

okudaman

okudaman(4)

出まーす!!

abemi

abemi(0)

初出演。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大