演劇

異人の唄-アンティゴネ-

「三つの悲劇」—ギリシャからVol.3

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2007/11/14 (水) ~ 2007/12/02 (日) 公演終了

休演日:11/19、26

上演時間:

人気漫画家とのコラボレーション
唄をめぐる宿命とギリシャ悲劇の内包する「血」の呪いをダイナミックに描く

映画・ドラマ化された『同じ月を見ている』・『編集王』、連載中の『夜回り先生』など、他ジャンルからの支持も厚い漫画家土田世紀。太宰治や宮沢賢治の影響を受けたという、ピュアで不器用な人物...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/14 (水) ~ 2007/12/02 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 土居裕子、純名りさ、木場勝己、小林十市、すまけい
脚本 土田世紀
演出 鐘下辰男
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 7,350円
【発売日】2007/09/24
S席7,350円 A席5,250円 B席3,150円 Z席1,500円
※料金は消費税込みです。
Z席=1,500円/当日学生券=50%割引(公演当日のみボックスオフィスとチケットぴあ一部 店舗にて販売。1人1枚、電話予約不可。詳しくはボックスオフィスまでお問い合わせください。)

※「三つの悲劇」3作品特別割引通し券あり
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000034.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 人気漫画家とのコラボレーション
唄をめぐる宿命とギリシャ悲劇の内包する「血」の呪いをダイナミックに描く

映画・ドラマ化された『同じ月を見ている』・『編集王』、連載中の『夜回り先生』など、他ジャンルからの支持も厚い漫画家土田世紀。太宰治や宮沢賢治の影響を受けたという、ピュアで不器用な人物を描き続けている土田が戯曲執筆に初挑戦。演出は鐘下辰男が手がけ、作家の世界観とギリシャ悲劇をどのように結びつけるのか見どころです。テバイの国法に背き処刑されたアンティゴネを描いた『アンティゴネ』と、オイディプスが運命に翻弄され、2人の娘アンティゴネ、イスメネと諸国を放浪する『コロノスのオイディプス』を大胆にドッキング。三味線弾きの父と民謡歌手の母、その間に生まれた娘2人、という旅芸人一座の、唄をめぐる逃れられない宿命やギリシャ悲劇的な一族の「血」の呪いが、卓越した俳優の演技とそれを彩るコロスの独特の動きによってダイナミックに描かれます。
その他注意事項
スタッフ 作 土田世紀
演出 鐘下辰男

美術 島 次郎
照明 中川隆一
音響 井上正弘
衣裳 小峰リリー
振付 井手茂太
歌唱指導 伊藤和美
演出助手 若月理代
舞台監督 白石英輔
総合舞台監督 矢野森一

芸術監督 鵜山 仁
主催 新国立劇場

[情報提供] 2007/07/21 14:43 by こりっち管理人

[最終更新] 2011/11/29 21:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

sakazuya'

sakazuya'(0)

念願の鐘下演出&井手ダンス。そして実力派キャスト陣。刺...

このページのQRコードです。

拡大