演劇

たとえば野に咲く花のように-アンドロマケ-

「三つの悲劇」—ギリシャからVol.2

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2007/10/17 (水) ~ 2007/11/04 (日) 公演終了

休演日:10/22、29

上演時間:

廻り巡る片想いの連鎖 一方通行の四角関係の結末は——?
恋に翻弄される人間の愚かさと滑稽さを描く“大爆笑の大悲劇”

トロイア戦争に敗れて亡くなった夫を想いながら、敵国エーペイロスの囚われ人として生きた女性アンドロマケ。ギリシャ三大悲劇詩人エウリピデスと、フランス古典主義を代表するラシー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/17 (水) ~ 2007/11/04 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 七瀬なつみ、田畑智子、三鴨絵里子、梅沢昌代、永島敏行、山内圭哉、大沢健、大石継太、池上リョヲマ、佐渡稔
脚本 鄭義信
演出 鈴木裕美
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 7,350円
【発売日】2007/09/08
S席7,350円 A席5,250円 B席3,150円 Z席1,500円
※料金は消費税込みです。
Z席=1,500円/当日学生券=50%割引(公演当日のみボックスオフィスとチケットぴあ一部 店舗にて販売。1人1枚、電話予約不可。詳しくはボックスオフィスまでお問い合わせください。)

※「三つの悲劇」3作品特別割引通し券あり
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000033.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 廻り巡る片想いの連鎖 一方通行の四角関係の結末は——?
恋に翻弄される人間の愚かさと滑稽さを描く“大爆笑の大悲劇”

トロイア戦争に敗れて亡くなった夫を想いながら、敵国エーペイロスの囚われ人として生きた女性アンドロマケ。ギリシャ三大悲劇詩人エウリピデスと、フランス古典主義を代表するラシーヌが描いた“アンドロマケ”は、愛する者に愛されない4人の男女の四角関係と、それが引き起こす悲劇の物語。今回は、1951 年、朝鮮戦争中の日本に舞台を移し、激しい恋にとらわれてしまった人間の、どこまでも愚かで、愛らしく、それでいて滑稽に見えてしまう究極の姿を"大爆笑の大悲劇"として描き出します。
作に、『ザ・寺山』で岸田國士戯曲賞を、映画『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞し、独自の世界を圧倒的な言葉で紡ぎ出す劇作家鄭義信を迎え、人間の細やかな心の機微を丁寧に描き、今、女性演出家として最も注目を浴びる鈴木裕美が演出を手がけます。
その他注意事項
スタッフ 作 鄭義信
演出 鈴木裕美

美術 島 次郎
照明 原田 保
音響 友部秋一
衣裳 宮本宣子
ヘアメイク 西川直子
振付 前田清実
殺陣指導 川原正嗣
       前田 悟
方言指導 明石 良
演出助手 城田美樹
舞台監督 村田 明
総合舞台監督 矢野森一

芸術監督 鵜山 仁
主催 新国立劇場


[情報提供] 2007/07/21 14:33 by こりっち管理人

[最終更新] 2011/11/29 21:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大