演劇

Three Quarter JAM vol.3

未来の担い手たちに告ぐ

デザイン:権兵衛

0 お気に入りチラシにする

演劇

Three Quarter JAM vol.3

未来の担い手たちに告ぐ

劇団ThreeQuarter

池袋GEKIBA(東京都)

2012/07/15 (日) ~ 2012/07/16 (月) 公演終了

上演時間:

日本では少子化が進み、労働力の確保が急務となり、
その対策として記憶刑制度を導入。

死刑や懲役刑の代わりに、犯罪者の記憶を消し、
更生に必要な記憶を埋め込みまったく別の人格を作り出す。
この技術により、完全な犯罪者の更生と、
犯罪者の早急な社会復帰を可能とした。

そんな中、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/15 (日) ~ 2012/07/16 (月)
劇場 池袋GEKIBA
出演 仙波佑資(研修生)、瞳(研修生)、ゆりあ(研修生)、藩地真世、藤香、涼木まりえ、静永誠(2011年度研修生)、あすか、吉田一番(研修生)、権兵衛、田辺友紀(研修生)、有園邦弘
脚本 有園邦弘
演出 山口圭三
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,000円
【発売日】2012/06/10
前売・ご予約\1,500/当日\2,000
日時指定・全席自由
サイト

http://3quarter.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本では少子化が進み、労働力の確保が急務となり、
その対策として記憶刑制度を導入。

死刑や懲役刑の代わりに、犯罪者の記憶を消し、
更生に必要な記憶を埋め込みまったく別の人格を作り出す。
この技術により、完全な犯罪者の更生と、
犯罪者の早急な社会復帰を可能とした。

そんな中、記憶刑の設立に関わった、
官房長官の拉致事件が起きる。
事件の実行犯は「レテの使徒」と名乗り、
日本政府に一兆円の要求を行った。
しかしレテの使徒の目的は、
営利目的による官房長官拉致とは別にあった。
その目的とは、記憶刑執行場である「バベルの塔」の破壊。
レテの使徒と、それを追う東京警視庁との間で
繰り広げられる激戦の中で、
徐々に明らかとなっていく記憶刑の闇。
未来の担い手とは何か。
そしてこの日本に未来はあるのか―

【Three Quarter 『JAM』 とは?】
次代を担う劇団員が、企画から公演までの全てを組み立てる事により、
演劇の面白さを知る事を目的とした公演。
「いつものすりくお」とは一味違うメンバーで創り出す「旬な味」を
お客様にも楽しんでいただけます。
いろいろな可能性を詰め込んだこの企画。
今回はどんな『JAM』が出来上がるのか…

☆★☆★チケットプレゼント★☆★☆
お席にまだ余裕がございますので、先着でご招待チケットをプレゼントさせていただきます。
お名前・ご希望日時(第2希望まで)・メールアドレスを必ず明記の上、
jam2012@3quarter.comまでお申し込みください。
締切: 7/12(木) 24:00
当選のご連絡は、メールの返信をもって代えさせていただきます。ご応募お待ちしております!
その他注意事項 ※受付開始&開場時間は開演の30分前です。
※開演5分前までに受付をお済ませください。
 過ぎてしまった場合、お席のご用意ができかねる場合がございます。
スタッフ

[情報提供] 2012/05/27 02:33 by 田村紗雪

[最終更新] 2013/07/30 18:27 by とう子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー20

布袋田 雅代

布袋田 雅代(7)

役者・俳優 照明

照明でお手伝いさせていただきます☆

田辺友紀

田辺友紀(0)

役者として参加します。どきどき・・がんばります。

稔和(トシカズ)

稔和(トシカズ)(0)

今回は音響です。よろしくお願いします(*゚▽゚)ノ

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大