演劇

カートプロモーションプロデュース第八弾

帰って来た蛍~慟哭の詩~

0 お気に入りチラシにする

演劇

カートプロモーションプロデュース第八弾

帰って来た蛍~慟哭の詩~

カートエンターテイメント

前進座劇場(東京都)

他劇場あり:

2012/06/08 (金) ~ 2012/06/16 (土) 公演終了

上演時間:

“特攻の母"鳥濱トメ 生誕110周年・没後20周年記念舞台

【解説】
2008年、2010年と、過去2度公演された舞台『帰って来た蛍』。
このお話は、戦時中の日本、特攻隊員達の母の代わりとして彼等を手厚くもてなし、無限の情をかたむけた富屋食堂の女主人「鳥濱トメ」を中心に、文字通り決死...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/06/08 (金) ~ 2012/06/16 (土)
劇場 前進座劇場
出演 さとう珠緒、堤大二郎、伊吹剛、竹島由夏、榎木薗郁也、前田耕陽、芦田昌太郎、藤井仁人、鹿島良太
脚本 柿崎ゆうじ
演出 柿崎ゆうじ
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,800円
【発売日】2012/04/23
東京公演 前売り4500円、当日4800円
サイト

http://ameblo.jp/kart-hotaru/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 “特攻の母"鳥濱トメ 生誕110周年・没後20周年記念舞台

【解説】
2008年、2010年と、過去2度公演された舞台『帰って来た蛍』。
このお話は、戦時中の日本、特攻隊員達の母の代わりとして彼等を手厚くもてなし、無限の情をかたむけた富屋食堂の女主人「鳥濱トメ」を中心に、文字通り決死の攻撃に直面する若者たちとの温かい心の交流を描いた舞台作品です。
そして今年、鳥濱トメさんの生誕110周年、さらに没後20周年という節目の年にあたり、新たなエピソードを交え、2012年6月8日から16日まで、東京吉祥寺・前進座劇にて上演致します。
さらに、本作のキーパーソンとなる宮川三郎少尉の母校である新潟県立長岡工業高等学校110周年も記念し、7月4日に長岡市立劇場にても上演を予定しております。


【あらすじ】
大東亜戦争末期の昭和20年…。
米軍は沖縄に上陸し、いよいよ本土に狙いを定める中、
故郷を想い、愛する人々を守る為に決死の特攻に飛び立った若者達がいた。
彼らの末期のひと時に無限の情をかたむけた富屋食堂の女将、鳥濱トメ…。
その交流を描いた真実の物語-。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 【舞台監督】西川也寸志+箱馬研究所
【照明】葛生英之(日高舞台照明)
【音響】柳原健二  【音楽】西村真吾
【美術】松本わかこ  【制作】柿崎弘貴
【制作協力】SUI  【イラスト】唐澤由依
【プロデューサー】増田玲介

[情報提供] 2012/05/16 18:28 by masuda

[最終更新] 2012/07/25 01:54 by masuda

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大