僕の中にある静けさに降る、騒がしくて眩しくて赤くて紅い雪

デザイン:鈴木ねじ

0 お気に入りチラシにする

天幕旅団

SPACE 雑遊(東京都)

2012/07/19 (木) ~ 2012/07/22 (日) 公演終了

上演時間:

黒檀のように重い空の奥、零れ落ちるは止め処ない雪。
騒がしくて眩しくて、赤くて紅い残酷な雪。
僕の中にある静けさは、今にも埋もれてしまいそうで。
降り続くこの悲しみに、今にも押し潰されそうで。
カガミよ、カガミ。真実だけを教えておくれ。
カガミよ、カガミ。白雪姫を殺したのはだあれ?
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/19 (木) ~ 2012/07/22 (日)
劇場 SPACE 雑遊
出演 加藤晃子、佐々木豊、渡辺実希、渡辺望
脚本 渡辺望
演出 渡辺望
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,300円
【発売日】2012/06/01
前売り3000円、当日3300円
平日昼割2500円
高校生以下1000円(要学生証)
サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 黒檀のように重い空の奥、零れ落ちるは止め処ない雪。
騒がしくて眩しくて、赤くて紅い残酷な雪。
僕の中にある静けさは、今にも埋もれてしまいそうで。
降り続くこの悲しみに、今にも押し潰されそうで。
カガミよ、カガミ。真実だけを教えておくれ。
カガミよ、カガミ。白雪姫を殺したのはだあれ?


天幕旅団♯4は、本歌取りファンタジー最新作!
グリム童話「白雪姫」を天幕芝居に本歌取り。
客演なし、メンバーのみで四人芝居!

昔々、どこかの国の大きなお城に、雪のように肌が白く、
血のように頬が赤く、黒檀のように髪が黒い、
それはそれは美しいお姫様がおりました。
お姫様は誰からも愛され、そして、殺されてしまいました。

眠るように死んでいる「白雪姫」と呼ばれる女の遺体がひとつ。
その傍らで佇む「コビト」と名乗る少年。
彼が語るのは追憶の御伽噺、呪われた愛の物語。
身も凍るような恐怖の寓話は、やがて、思いも寄らない結末を迎える。

ちょっぴり切なく懐かしく。ちょっぴり不思議で残酷に。
終わらない夢の物語。この夏、天幕旅団が贈る、サスペンスファンタジー。
その他注意事項
スタッフ 【作・演出】渡辺望
【舞台監督】吉田慎一(Y‘s factory)
【照明】辻渉((有)ライズ)
【音響】宮崎裕之(predawn)
【宣伝美術】鈴木ねじ
【企画・制作】天幕旅団

[情報提供] 2012/04/30 22:57 by 渡辺望

[最終更新] 2012/07/28 11:03 by 渡辺望

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

tak**a_h*jiri

tak**a_h*jiri(0)

制作のはじりです。 よろしくお願いします。

カトウ

カトウ(0)

色んな役をやります。

渡辺望

渡辺望(0)

客演なし。劇団員のみの4人芝居。 夏にぴったりのサス...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大