演劇

ホチキスBeauty

看板娘ホライゾン

デザイン:辻井 宏之(CPU)

0 お気に入りチラシにする

演劇

ホチキスBeauty

看板娘ホライゾン

ホチキス

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2012/05/31 (木) ~ 2012/06/10 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ
客が全く来ない饅頭屋「金蝶堂」。父が饅頭を焼き、次女が無愛想に店番。母は一家を食べさせるため働きに出て、長女は引きこもる。そんな金蝶堂に、自らを看板娘プロデューサーと名乗る謎の女性がやってくる。看板娘を生み出し、起死回生をしてみせると宣言するのだが…。

ヨネ話「いいね」
異...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/31 (木) ~ 2012/06/10 (日)
劇場 花まる学習会王子小劇場
出演 丹野晶子、丸尾みゆき、椎名琴音、中村真沙海、齊藤美和子、谷仲恵輔、西川康太郎、山本洋輔
脚本 米山和仁
演出 米山和仁、木内コギト
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.hotchkiss.jp/next.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ
客が全く来ない饅頭屋「金蝶堂」。父が饅頭を焼き、次女が無愛想に店番。母は一家を食べさせるため働きに出て、長女は引きこもる。そんな金蝶堂に、自らを看板娘プロデューサーと名乗る謎の女性がやってくる。看板娘を生み出し、起死回生をしてみせると宣言するのだが…。

ヨネ話「いいね」
異性に言われてうれしいほめ言葉ランキングを見た。
第1位は「かわいい・かっこいい」だそうだ。誰だって「かわいい・かっこいい」と言われれば悪い気はしない。しかしこの言葉は攻撃力があるぶん、危険も付きまとう。
「下心があるのでは…」「自分に気がるのでは…」と勘違いされたり、「いやみを言われているのでは…」などと思わぬマイナス効果を生む場合があるからである。
人をほめる時は、ランクの低い方のほめ言葉がいい。
2位の「センスがいい」。実に巧妙なほめ言葉だ。容姿の評価ではなく、感性をほめるというフォーカスの甘さ。しかし感性を審査するフィギュアスケートの審査員のように、どこか上から目線感がぬぐえない。では、もっとランクしたのほめ言葉はどうだ。
3位「やさしい」、4位「若々しい」、5位「努力家」、6位「頭がいい」。性格をほめるというじつにうまいほめ方ではないか。さらに下のランクでは、7位「自分らしさを貫いている」、8位「自然体」と態度をほめるという、あいまいさ。実に無難だ。
9位「男らしい 女らしい」は男か女かでしか判断していないぼかしっぷり。10位「個性的」なんてほめてるのかどうかもさえもわからない。
ランキングにはないが、私が最強だと思う褒め言葉がある
「いい」だ。
「君、いいね。」「なんかいいよね。」「とにかくいい!」何をどうほめてにしました。るかわからないが、なんかいいのだ。バカボンのパパよろしく「これでいいのだ。」てな気持ちになる。
「いいね」は非常によくできたほめ言葉である。
だから、みなさんホチキスのFacebookに「いいね」を押すとよいと思う。最近私がいただいた褒め言葉は「軽いね」だ。
きっと、フットワークが軽いという意味なんだろう、けっして別の意味の軽いではないはずだ、きっとそうだ。
ホチキス代表 米山 和仁 
その他注意事項
スタッフ 舞台監督: 鈴木章友
照明:工藤 雅弘(Fantasista?ish) 
音響: 田島 誠治(Sound Gimmick)
美術:稲田 美智子
衣装:谷野 留美子
カバーイラスト:小玉 久仁子
宣伝美術:辻井 宏之(CPU)
宣伝写真:佐藤孝仁(BEAM×10)
制作協力:林みく(Karte)
企画・製作:ホチキス
協力:イエローキャブNEXT Panasonic Beauty 美容部 ロリータ男爵 ゲキバカ 

[情報提供] 2012/04/30 00:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/06/03 00:17 by ホチキス広報部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー7

TEAM#BISCO

TEAM#BISCO(4)

当日制作で入ります!

ヨウスケ

ヨウスケ(0)

今回、数少ない劇団員の一人なので、 『ホチキスらしさ...

msm_nmr

msm_nmr(0)

どんな看板娘になるのか、楽しみです。がんばりますー。

このページのQRコードです。

拡大