中村JAPANドラマティックカンパニー

中目黒キンケロ・シアター(東京都)

2012/04/05 (木) ~ 2012/04/08 (日) 公演終了

上演時間:

悲劇+悲劇+悲劇=大喜劇 シェイクスピアレビューは、演出家・中村龍史が長年温めていた構想です。シェイクスピアの作品、特に悲劇を喜劇にするという、何とも失礼な企画です。その第一弾が「笑いすぎたハムレット」。

 実父が死に、その真相は殺人だった。しかも犯人は母親の再婚相手、殺された父親の実の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/05 (木) ~ 2012/04/08 (日)
劇場 中目黒キンケロ・シアター
出演 TERU、三井太一、武子展久、羽賀佳代、三宅綾子、中村龍史、高星寿子、土屋舞、水野江莉花、おかえいり、舞衣、相川舞
脚本 中村龍史
演出 中村龍史
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,500円
【発売日】
(全席指定)
   前売り 5,000円
   当日  5,500円
サイト

http://nakamura-japan.net/shakespeare2012.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 悲劇+悲劇+悲劇=大喜劇 シェイクスピアレビューは、演出家・中村龍史が長年温めていた構想です。シェイクスピアの作品、特に悲劇を喜劇にするという、何とも失礼な企画です。その第一弾が「笑いすぎたハムレット」。

 実父が死に、その真相は殺人だった。しかも犯人は母親の再婚相手、殺された父親の実の弟、ハムレット本人の叔父である。その事を亡霊から聞かされたハムレットは、復讐を決意する。悩みに悩んだ結果。自ら道化演じ、なんとか叔父の陰謀を暴こうとするが、自分が狂ったふりをしているうちに恋人が本当に狂ってしまい、川に落ちて死んでしまう。叔父はというと、自分の陰謀がバレそうになるとハムレット殺しを企てる。その陰謀に失敗し、ハムレットの母が死に、友人が死に、叔父も死に、だいたい皆死んでしまう。勿論ハムレットも死んでしまう。
しかし本作品「笑いすぎたハムレット」は誰も死にません。それどころか皆歌ってます。ハムレットの恋人オフィーリアは、ハムレットの言葉的DVを浴びテレサテンの「つぐない」を、ハムレットの友人はあまりにもつれないハムレットの言い方に「あずさ2号」、そして母親はあまりに早い再婚で「よせばいいのに」、勿論ハムレットも、グループサウンズっぽい衣装で「君に会いたい」。若さゆえ 悩み 若さゆえ 苦しみ・・・・・そうとう悩んでます。
 その他「待つわ」「しびれ節」「ギンギラギンにさりげなく」 etc etc etc.
日本の希有な歌謡曲、演歌が登場人物の心情として歌われます。
シェイクスピアと日本歌謡の絶妙?なコラボレーションをごゆっくりお楽しみください。
その他注意事項
スタッフ 脚色・演出・振付 中村龍史
ゲスト・本間ひとし

[情報提供] 2012/03/17 17:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/03/17 17:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大