【公演終了】薄倖の女はスクリーンに夢を見る。【ありがとうございました】

デザイン:k-ko(ё)

0 お気に入りチラシにする

映像・舞台企画集団ハルベリー

シアター711(東京都)

2012/07/25 (水) ~ 2012/07/29 (日) 公演終了

上演時間:

「私の人生こんなはずじゃなかった・・・」
不幸の絶頂にの中にいる女。女の唯一安らげる場所は、古びた名画座であった。不幸な現実を忘れるかのように、名画座へ通う女。
ある日、その女に奇跡が起きたのだった。
ウッディ・アレン監督作品「カイロの紫のバラ」へのオマージュ作品とも言える、映像と舞台を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

7/25~29 シアター711にて公演する、薄幸のの女はスクリーンに夢を見る。のCMです!

公演詳細

期間 2012/07/25 (水) ~ 2012/07/29 (日)
劇場 シアター711
出演 いずみよしはる、中村恵子、藤井紅葉、村崎充祥、三藤真也、丸山隼人、三貝豪、関麻衣、山本滋久
脚本 山本滋久
演出 いずみよしはる
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 3,500円
【発売日】2012/06/15
前売り3300円、当日3500円
サイト

http://www.haruberry.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「私の人生こんなはずじゃなかった・・・」
不幸の絶頂にの中にいる女。女の唯一安らげる場所は、古びた名画座であった。不幸な現実を忘れるかのように、名画座へ通う女。
ある日、その女に奇跡が起きたのだった。
ウッディ・アレン監督作品「カイロの紫のバラ」へのオマージュ作品とも言える、映像と舞台を融合させた舞台に挑戦する、ハルベリー初のファンタジックコメディ!
予告動画→http://youtu.be/hbIz0Hkp_hU
その他注意事項 25日完売、お陰様でだいぶお席が埋まってまいりました。28日18時余裕あります。
スタッフ 【舞台監督】吉川悦子、横川奈保子 【舞台美術】河井妙子
【照明】加藤学((有)オフィス・エイツー) 【音響】鎌田釜
【映像制作】清水篤司 【制作】齊藤彰(映像・舞台企画集団ハルベリー) 

[情報提供] 2012/02/26 03:44 by k-ko(ё)

[最終更新] 2012/08/02 17:53 by k-ko(ё)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

k-ko(ё)

k-ko(ё)(2)

映像と舞台が融合・・・どうなるのか、是非劇場に観にきて...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大