東京芸術劇場

水天宮ピット・大スタジオ(東京都)

2012/03/20 (火) ~ 2012/03/20 (火) 公演終了

上演時間:

世代の異なる劇作家がそれぞれ自作の小説を読み、互いの言葉を聞いて感じたことを語り合う。
その顔合わせの妙とそれぞれの言葉のぶつかり合いを体感できる貴重な機会をお見逃しなく!


唐 十郎(から じゅうろう)
1940年東京生まれ。作家・演出家・俳優。明治大学文学部演劇学科卒業。63年...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/20 (火) ~ 2012/03/20 (火)
劇場 水天宮ピット・大スタジオ
出演 唐十郎、渡辺えり
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2012/02/04
前売1,000円/当日1,500円 (全席自由)
サイト

http://www.geigeki.jp/saiji/039/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世代の異なる劇作家がそれぞれ自作の小説を読み、互いの言葉を聞いて感じたことを語り合う。
その顔合わせの妙とそれぞれの言葉のぶつかり合いを体感できる貴重な機会をお見逃しなく!


唐 十郎(から じゅうろう)
1940年東京生まれ。作家・演出家・俳優。明治大学文学部演劇学科卒業。63年「劇団状況劇場」を旗揚げ。69年『少女仮面』で、第15回岸田國士戯曲賞受賞。78年『海星・河童少年小説』で、第6回泉鏡花文学賞受賞。82年『佐川君からの手紙』で、第88回芥川賞受賞。
88年「唐組」を結成。俳優としての活躍は、演劇、映画、テレビドラマ等多岐に渡る。2003年には『泥人魚』で、作・演出・演技において第38回紀伊國屋演劇賞個人賞、第7回鶴屋南北戯曲賞、第55回読売文学賞を受賞。06年、長年の業績に対して、読売演劇大賞芸術栄誉賞、明治大学特別功労賞を受賞。

渡辺えり(わたなべ えり)
1955年山形県生まれ。劇作家・演出家・女優。78年より98年まで「劇団3◯◯ (さんじゅうまる)」、2001年から劇団「宇宙堂」を主宰、07年に「オフィス3◯◯ 」と改名した。83年『ゲゲゲのげ-逢魔が時に揺れるブランコ』で第27回岸田國士戯曲賞、87年『瞼の女-まだ見ぬ海からの手紙』作・演出で第22回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。女優としては96年映画『Shall weダンス?』にて報知映画賞助演女優賞および日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。現在は、TBS「情報7daysニュースキャスター」でコメンテーターとして出演するなど、多岐に渡り活躍している。
その他注意事項
スタッフ トーク聞き手:扇田昭彦

[情報提供] 2012/02/07 05:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/05/13 21:19 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大