松竹

新橋演舞場(東京都)

2007/11/01 (木) ~ 2007/11/26 (月) 公演終了

休演日:11/15

上演時間:

家族がブラジルへ移住するなか、ただひとり日本に残されてしまったナツ。
戦後の混乱と復興の時代を生き抜きぬいた、ひとりの女の一生。

平成17年、放送80周年記念番組としてNHKで放送された橋田壽賀子ドラマ「ハルとナツ」は、戦前から現代に至る70年間を戦争に翻弄された家族の姿を通して描き、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/01 (木) ~ 2007/11/26 (月)
劇場 新橋演舞場
出演 仲間由紀恵、生瀬勝久、福士誠治、西尾まり、菊池隆則、三上市朗、沢田雅美、宇津井健、森光子
脚本
演出 マキノノゾミ
料金(1枚あたり) 2,520円 ~ 13,650円
【発売日】2007/09/24
1等席・・・・・12,600円
2等席・・・・・8,400円
3階A席・・・・4,200円
3階B席・・・・2,520円
1階桟敷席・・・13,650円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/0711/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 家族がブラジルへ移住するなか、ただひとり日本に残されてしまったナツ。
戦後の混乱と復興の時代を生き抜きぬいた、ひとりの女の一生。

平成17年、放送80周年記念番組としてNHKで放送された橋田壽賀子ドラマ「ハルとナツ」は、戦前から現代に至る70年間を戦争に翻弄された家族の姿を通して描き、大きな反響を巻き起こしました。ドラマではブラジルに移民して辛酸をなめた姉ハルとの対比の中で描かれた妹ナツの人生を、今回の舞台化では戦中・戦後をひとりで生き抜いた女性の一生としてあらたに描き出します。主演は、ドラマでもナツを演じ、大河ドラマ「功名が辻」の記憶も鮮やかな仲間由紀恵。数々のドラマ・映画で目ざましい活躍を続ける彼女が、初めての大劇場主演で新たな「女の一生」とも言うべき作品に挑みます。
その他注意事項
スタッフ 原作 橋田壽賀子「ハルとナツ」より
マキノノゾミ 脚色・演出

[情報提供] 2007/07/12 04:58 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/07/29 00:34 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大