演劇

文学座3・4月アトリエの会

父帰る/おふくろ

文学座

文学座アトリエ(東京都)

2012/03/19 (月) ~ 2012/04/02 (月) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

文学座75周年の今年、「アトリエの会」が最初におおくりするのは日本近代戯曲の名作『父帰る』と『おふくろ』です。今回の上演では岸田國士から田中千禾夫へと受け継がれ、名優たちによって磨かれてきた「物言う術」という台詞術を江守徹が新しい世代へと手渡します。日本語をみつめ直すことで現代劇の原点をもう一...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/19 (月) ~ 2012/04/02 (月)
劇場 文学座アトリエ
出演 南一恵、つかもと景子、秋山友佳、戸井田稔、植田真介、内藤裕志
脚本 菊池寛(「父帰る」)、田中千禾夫(「おふくろ」)
演出 江守徹
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】2012/02/18
一般:前売り 4,000円
一般:当日 4,300円
ユース(25歳以下): 2,500円
サイト

http://www.bungakuza.com/chichikaeru/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 文学座75周年の今年、「アトリエの会」が最初におおくりするのは日本近代戯曲の名作『父帰る』と『おふくろ』です。今回の上演では岸田國士から田中千禾夫へと受け継がれ、名優たちによって磨かれてきた「物言う術」という台詞術を江守徹が新しい世代へと手渡します。日本語をみつめ直すことで現代劇の原点をもう一度見据え、家族をみつめ直すことで日本人の心のありようをみつめる家族劇二題です。
その他注意事項 未就学児のご入場はご遠慮ください。
車イスでご来場のお客様は、ご観劇前日までにご購入席番を文学座までお知らせください。
スタッフ 美術/乗峯雅寛 照明/賀澤礼子 音響効果/望月 勲 衣裳/中村洋一 舞台監督/三上 博 制作/友谷達之 票券/松田みず穂

[情報提供] 2012/02/06 13:50 by ねこ

[最終更新] 2012/04/04 07:04 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大