舞踊・バレエ

坂東玉三郎・鼓童

AMATERASU(アマテラス)

松竹

歌舞伎座(東京都)

2007/08/04 (土) ~ 2007/08/06 (月) 公演終了

上演時間:

みどころ

坂東玉三郎共演のもと、新潟県佐渡島拠点に国際的な活動を展開する鼓童が2006年、結成25周年を記念し、上演した音楽舞踊劇。2006年5〜6月にかけて、東京・世田谷パブリックシアター、京都・南座において連続公演を行い、好評を博しました。
そしていよいよ夏、歌舞伎座の舞台に登場。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/08/04 (土) ~ 2007/08/06 (月)
劇場 歌舞伎座
出演 坂東玉三郎、鼓童
演出 坂東玉三郎、大場正昭
振付 坂東玉三郎、菊若亮太郎、小島千絵子
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 19,000円
【発売日】2007/06/27
1等席:18,000円
2等席:13,000円
3階A席:7,000円
3階B席:4,000円
1階桟敷席:19,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/kabukiza/070804/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 みどころ

坂東玉三郎共演のもと、新潟県佐渡島拠点に国際的な活動を展開する鼓童が2006年、結成25周年を記念し、上演した音楽舞踊劇。2006年5〜6月にかけて、東京・世田谷パブリックシアター、京都・南座において連続公演を行い、好評を博しました。
そしていよいよ夏、歌舞伎座の舞台に登場。


あらすじ

アマテラス・ツクヨミ・スサノオの誕生から物語は始まります。アマテラス(坂東玉三郎)の優美な舞と鼓童の柔らかなアンサンブルは、「高天の原」の楽土たる様子を浮かび上がらせます。やがてその情景は、スサノオ(鼓童・藤本吉利)の登場とともに一変し、アマテラスとスサノオの対峙となります。アマテラスは嘆きと共に「天の岩屋戸」へ姿を隠し、世界は闇に包まれます。岩屋戸の前に集まる八百万の神々。アメノウズメ(鼓童・小島千絵子)の舞が加わり、躍動感と熱気が最高潮に達した時……。舞踊と音空間が織りなす幻想的な日本神話の世界。その魅力を存分にご堪能下さい。
その他注意事項
スタッフ * 演出 坂東玉三郎、大場正昭
* 音楽監督 金子竜太郎(鼓童)
* 振付 坂東玉三郎、菊若亮太郎、小島千絵子(鼓童)
* 舞台美術・衣装デザイン 小川富美夫
* 衣装・縫製 服部俊夫
* 舞台監督 土橋達也(鼓童)
* 照明 池田智哉
* 照明アドバイザー 熊田勝博
* 写真 篠山紀信、田中文太郎、西田太郎
* デザイン 大塚雅子

* 企画制作 株式会社北前船、株式会社BTA

[情報提供] 2007/07/12 04:52 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/07/12 04:53 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大