さがしものはなんですか。 公演情報 さがしものはなんですか。」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.7
1-3件 / 3件中
  • 満足度★★★★★

    やっぱり、良かった!
    探偵物とは意外なイメージでしたが、ラストは、光希さんらしい、温かい作品でした。一回限りとは、もったいない!!!!!!!是非、シリーズ化してほしいと、思いました。

    ネタバレBOX

    各キャラだても良く、お互いの魅力を、引き出しあっていて良かったです。

    部外者である、近所住人の存在も、物語上さして重要ではないが、この探偵事務所の空気感や人物像を、色濃く浮かび上がらせるのに、効果的でした。

    近所のホステス薫子役(tYphoon一家の松下愛子さん)の存在が、物語にアクセントとテンポを加えていて、良かったです。

    そんな薫子や、所長の前会社との関係やら、膨らみどころも、あるので、続編、是非観たいです。

    やっぱり平山さんの脚本は、魅力的だと思いました。

    ただ、ここ数作品、気になっているのは、各キャラの強気の場面の演出が、強すぎるように感じる事が、あります。各役者さんの、過去のいろんな役柄を観ているから、思ってしまうのでしょうが・・・
  • 満足度★★★★★

    無題330(12-073)
    19:45の回(雨)。17:15受付(整理券を渡されますが入場の順番ではありません)19:46開演~20:51終演。今週は、水~金と青森県の某市へ出張、もともとあまり雪の降らないところ(太平洋側)でしたが、この時期にしては珍しく雪が降り、積もっていました。それでも暖かい日差しには春を感じます。陽当たりのよいところでは雪はすでに解けて、消え。今日、東京は雨、少し寒いくらい。あいにくのお天気ですが、心も体も暖かくなるお話、ここにも春の芽生えがありました。舞台は探偵事務所、デスクに、ソファが2つ。白いブラウス、黒いパンツスタイルの森下さん、光希は「べじたぶるーす」に続き2作目。薫子役の松下さんはtYphoon一家で「十字路と絵本」をみています。まず、父/娘もの・・・どうしてもふたりの娘のことを想います、暖かいお話、優しさ溢れる役者さん、今回、知っている曲はありませんでしたが、とてもよい雰囲気。このメンバーでシリーズものになってもいいのではと思うのでした。取り急ぎの感想です。

  • 満足度★★★★

    杉並演劇大賞いけるのでは?
    事前に、こりっち常連メンバーさんと酒を飲んでしまい、体調最悪で劇場シートにすわりましたが(爆)、大衆演劇的な味わいのある、ハートウォーミングな楽しい芝居でした。

    やりたい芝居のスタイルを明確に押し出し、ブレるところがないので安心して観れました。

    会場のお客さんたちにも受けていたので、大賞、いけるのでは?

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    出演陣の中では、森下知香さんが、探偵事務所を支える、しっかり者のハイミス(死語???????)を、好演。確かな演技力を感じました。

このページのQRコードです。

拡大