演劇

第60回長崎市民演劇祭参加作品

使者は夏の日の陽炎の如く

謎のモダン館

長崎ブリックホール 大ホール(長崎県)

2012/02/03 (金) ~ 2012/02/03 (金) 公演終了

上演時間:

結成16年目を迎える謎のモダン館。
2011年11月。大阪INDEPENDENT THEATREで開催された「最強の一人芝居フェスティバル3rdシーズン」への参加で勢いづく白濱隆次の最新作!!

その日も何事もなく終わるのだろうと思っていた。
何年も何年も繰り返されてきた日常が、何の前...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/03 (金) ~ 2012/02/03 (金)
劇場 長崎ブリックホール 大ホール
出演 白濱隆次、大坪文、田村三穂、清家聡子、川口真弓、橋口浩二、伊折純香、宮崎涼子、草場リナ
脚本 白濱隆次
演出 白濱隆次
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,800円
【発売日】2011/12/15
前売券 一般2000円 学生500円(当日各300円増) 中学生以下無料
サイト

http://www.modankan.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 結成16年目を迎える謎のモダン館。
2011年11月。大阪INDEPENDENT THEATREで開催された「最強の一人芝居フェスティバル3rdシーズン」への参加で勢いづく白濱隆次の最新作!!

その日も何事もなく終わるのだろうと思っていた。
何年も何年も繰り返されてきた日常が、何の前触れもなく崩れていく。
客もまばらな田舎の民宿。そこへ訪れる一人の女。何気なく交わされる会話。
静かに・・・しかし確実にその時は近づいていた。

ある冬の日、もう日も暮れかけていた海岸の岩陰に、何やら怪しげな物体を目撃する。
大方、流木か灯油缶が流れ着いたものだろうと気にも留めず、私は立ち去ろうとしたものの、心の奥底で一旦、怪しげな物体であると認めていた事をぬぐい去るのもはばかられ、恐る恐る、極めて恐る恐るその物体に近づいて行くのであった。
強い風に粉雪舞うクリスマスの夕方、その女は海岸に打ち上げられていたのである。
その他注意事項
スタッフ 音響・・・飛永有斗・得景一郎
美術・・・NMK美術部
制作・・・謎のモダン館

[情報提供] 2012/01/02 12:45 by しらはま

[最終更新] 2012/02/16 23:55 by しらはま

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

たむら

たむら(0)

台本を読むだけでも わくわくがとまりません!!多くの方...

フミ

フミ(5)

久々だけど、ど真ん中!まだ完成してもいないのに、そう確...

しらはま

しらはま(1)

オモロ切ない物語です!ぜひご覧ください!

このページのQRコードです。

拡大