オペラ

高校生のためのオペラ鑑賞教室

蝶々夫人

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2007/07/09 (月) ~ 2007/07/14 (土) 公演終了

上演時間:

明治の長崎。アメリカ海軍士官ピンカートンは、結婚斡旋人ゴローの仲介で、15歳の蝶々さんを現地妻とし盛大な結婚式を挙げる。蝶々さんは、今は芸者だがもとは没落士族の娘、この結婚に真剣である。このことを知る長崎駐在のアメリカ領事シャープレスは、ピンカートンの軽薄さに不安を抱く。やがてピンカートンは帰...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/09 (月) ~ 2007/07/14 (土)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
作曲 プッチーニ
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 2,100円 ~ 4,200円
【発売日】2007/06/03
全席指定 2,100円(税込)
2007年6月3日(日)10:00~ チケット発売開始
お求めの際には、学生証をご用意ください。
また、残席がある場合に限り、当日券として4,200円で一般(大人)の方も購入可。(高校生以下2,100円)
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/H19highschool/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治の長崎。アメリカ海軍士官ピンカートンは、結婚斡旋人ゴローの仲介で、15歳の蝶々さんを現地妻とし盛大な結婚式を挙げる。蝶々さんは、今は芸者だがもとは没落士族の娘、この結婚に真剣である。このことを知る長崎駐在のアメリカ領事シャープレスは、ピンカートンの軽薄さに不安を抱く。やがてピンカートンは帰国。蝶々さんは、音信不通になっても「ある晴れた日にきっと帰ってくる」と信じ、女中のスズキと夫の帰国後に生まれた子どもと共に、ピンカートンの帰りを待ち続けている。3年以上の時が経ち、ピンカートンはアメリカで『本当の』結婚をし、妻ケートを連れて再び日本にやってくる。彼は、スズキとシャープレスから蝶々さんの一途な愛を知らされ、後悔の念に苛まれ、その場を逃げ去ってしまう。そこに蝶々さんが現れ、すべてを悟る。蝶々さんは、子どもをピンカートン夫妻に託す決心をし、自ら短刀で命を絶つ。短刀は父の形見。そこには「名誉をもって生きられぬ者は名誉のうちに死ね」と刻まれていた。
その他注意事項
スタッフ 作曲 : ジャコモ・プッチーニ
台本 : ルイージ・イッリカ/ジュゼッペ・ジャコーザ
指揮 : 三澤洋史
演出 : 栗山民也
美術 : 島次郎
衣裳 : 前田文子
照明 : 勝柴次朗
再演演出 : 菅尾友
舞台監督 : 大澤裕
合唱 : 新国立劇場合唱団
管弦楽 : 東京フィルハーモニー交響楽団
主催 : 新国立劇場
特別協賛 : ローム株式会社
協賛 : 株式会社損害保険ジャパン

[情報提供] 2007/07/09 11:35 by しのぶ

[最終更新] 2007/07/10 00:48 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大