演劇

新宿梁山泊 第46回公演

満天星 新春公演

風のほこり

デザイン:福田真一

0 お気に入りチラシにする

演劇

新宿梁山泊 第46回公演

風のほこり

満天星 新春公演

新宿梁山泊

芝居砦・満天星(東京都)

2012/02/03 (金) ~ 2012/02/05 (日) 公演終了

休演日:無し

上演時間:

都心のビルの地下に出現した昭和5年の浅草の芝居小屋、奇々怪々な人々が交差し、時間と空間が乱れ飛ぶ。打ち捨てられた水族館のジュゴンが哀しくつぶやくと、風の ほこりも舞い上がり、黒い水たまりに落ちてゆく。 過ぎてゆく昭和5年に、義眼の瞳は何を見る・・・。 浅草、昭和5年、芝居小屋の文芸部では座付作...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/03 (金) ~ 2012/02/05 (日)
劇場 芝居砦・満天星
出演 十貫寺梅軒、田村泰二郎、渡会久美子、三浦伸子、鳥山昌克
脚本 唐十郎
演出 金守珍
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,800円
【発売日】2011/12/26
前売り 3800円 当日4200円
学生  2800円
サイト

http://www5a.biglobe.ne.jp/~s-ryo/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 都心のビルの地下に出現した昭和5年の浅草の芝居小屋、奇々怪々な人々が交差し、時間と空間が乱れ飛ぶ。打ち捨てられた水族館のジュゴンが哀しくつぶやくと、風の ほこりも舞い上がり、黒い水たまりに落ちてゆく。 過ぎてゆく昭和5年に、義眼の瞳は何を見る・・・。 浅草、昭和5年、芝居小屋の文芸部では座付作家:水守が新作に悩んでいる、そこへ作家見習いとして通ってくる女、加代、彼女の左目は義眼であった、新しい演劇を生み出そうとする2人。加代の義眼には秘密があった、その秘密を知る男、コムラが現れ、加代の過去を暴いていく、事実に驚きながらも、それを芝居に書き留めようとする水守、、、
唐十郎が実母をモチーフに、現代演劇の原点ともいえる浅草軽演劇の草生期を、せまりくる戦争の足音をからめ、史実/幻想を交えて描く、唐十郎、昭和の叙事詩。
その他注意事項 前売り/予約開始
2011年 12月26日(月)11:00〜
スタッフ 照明:泉次雄+ライズ、音響:N-TONE、劇中歌作曲:大貫誉、振付:大川妙子、美術:大塚聡+百八竜、宣伝美術:宇野亜喜良
福田真一

[情報提供] 2011/12/16 15:27 by 新宿梁山泊

[最終更新] 2011/12/25 16:27 by 新宿梁山泊

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大