舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2012/05/05 (土) ~ 2012/05/13 (日) 公演終了

休演日:5/7,9,10

上演時間:

定番クラシックバレエ作品の中でも絶大な人気を誇る作品。新国立劇場版『白鳥の湖』は、牧阿佐美前芸術監督が2006年に改訂・振付、格調の高さはそのままにイギリス人美術家カザレットによる現代的で洗練された色彩感覚が印象的な舞台です。その特徴は、物語に論理的整合性を持たせ、バレエ入門者にもわかりやすい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/05 (土) ~ 2012/05/13 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ワン・チーミン、リー・チュン、小野絢子、福岡雄大、川村真樹、貝川鐵夫、米沢唯、菅野英男、ほか
演出 牧阿佐美
振付 マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 10,500円
【発売日】2012/02/12
S席 10,500
A席 8,400
B席 6,300
C席 4,200
D席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/20000451_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 定番クラシックバレエ作品の中でも絶大な人気を誇る作品。新国立劇場版『白鳥の湖』は、牧阿佐美前芸術監督が2006年に改訂・振付、格調の高さはそのままにイギリス人美術家カザレットによる現代的で洗練された色彩感覚が印象的な舞台です。その特徴は、物語に論理的整合性を持たせ、バレエ入門者にもわかりやすい物語としてステージが展開すること、プロローグで物語の発端がわかりやすく描かれている点や、カットされることの多いロシアの踊り・ルースカヤの部分が主役級のダンサーの見応えのあるソロによって踊られること、またスピーディなダンスや高度なテクニックが随所に散りばめられている点などが挙げられます。
さらに新シーズンは多くの方々に愛されている、バレエの代名詞ともいえる当作品をご家族でもお楽しみいただけますよう、あるいは全国のお客様にもご来館いただけますようゴールデンウィークに公演日を設けました。
その他注意事項
スタッフ 【振 付】マリウス・プティパ/レフ・イワーノフ
【作 曲】ピョートル・チャイコフスキー
【演出・改訂振付】牧 阿佐美
【舞台装置・衣裳】ピーター・カザレット
【照 明】沢田祐二
【指 揮】アレクセイ・バクラン
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2011/12/09 02:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/09 02:39 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大