日本パフォーマンス/アート研究所

花やしき座 (花やしき内・多目的スペース)(東京都)

2011/11/26 (土) ~ 2011/11/26 (土) 公演終了

上演時間:

不意を突かれて狼狽えるぐらいなら、すでに予測しうる事態にしっかり備えるべきである。
—アンドレ・イサック

2011年3月11日の東日本大震災と原発事故以来、この國の盤石と思われていたシステムが大きく揺らぎ、人に対する信頼がもろくも崩れさってしまった。この現実を目の前にして「芸術になにが...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/26 (土) ~ 2011/11/26 (土)
劇場 花やしき座 (花やしき内・多目的スペース)
出演 悪魔のしるし、足立喜一朗、伊東篤宏、、contactGonzo、久保田弘成、サンガツ、和田永
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2011/10/30
前売: 2,500円/当日: 3,000円
※屋外での公演になりますので防寒のご用意ください。
※客席はございません。回遊型のイベントになります。
サイト

http://j-pai.net/cqa.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 不意を突かれて狼狽えるぐらいなら、すでに予測しうる事態にしっかり備えるべきである。
—アンドレ・イサック

2011年3月11日の東日本大震災と原発事故以来、この國の盤石と思われていたシステムが大きく揺らぎ、人に対する信頼がもろくも崩れさってしまった。この現実を目の前にして「芸術になにができるのだろうか?」などという愚かな設問は設定しない。また、チャリティとしての芸術表現や癒しとしての芸術表現ともこのイベントは一見無関係を装っている。しかし、優れた表現者はカート・ヴォネガットの言う「炭坑のカナリア」であるとするならば、今回の事態は事前に予測されていたのではないだろうか。今回出演していただくアーティスト達は偶然にもそのような人達だったのではないかと考える。何故ならこのイベントは震災以降にプランニングされたものではなく、震災以前より粛々と準備されており、出演者のラインナップはすでに決定していたのである。本イベントのタイトル「Ce qui arrive /Unknown Quantity」は、「文明は事故を発明する」と喝破した、テクノロジーと速度の思想家、ポール・ヴィリリオの著作及び展覧会コンセプトから多くのインスピレーションを受け引用されている。遊具が停止し、誰もいなくなった夜の遊園地にようこそ。一回限りのパフォーマンスに是非、おつき合いください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/10/30 23:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/11/27 00:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大