演劇

紛争地域から生まれ演劇シリーズ3「動乱と演劇」

ドラマリーディング

ナパジ・ナパジ

デザイン:中澤佑介

0 お気に入りチラシにする

演劇

紛争地域から生まれ演劇シリーズ3「動乱と演劇」

ナパジ・ナパジ

ドラマリーディング

公益社団法人 国際演劇協会 日本センター

イワト劇場(東京都)

2011/12/03 (土) ~ 2011/12/04 (日) 公演終了

上演時間:

1950年代、ジェイミソン家ではトレヴァーの父であるアーノルドが生まれていた。 そして1953年から1956年にかけ、サウスオーストラリア州奥地の砂漠地帯で英国が核実験を行った。600回に及ぶテストで、9個の核爆弾が炸裂した。そしてそこは、ピジャンジャジャラの人々が白人との接触を殆ど持たずに伝...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/03 (土) ~ 2011/12/04 (日)
劇場 イワト劇場
出演 高田恵篤、土井通肇、明樹由佳、伊藤総
脚本 トレヴァー・ジェイミソン、スコット・ランキン
演出 和田喜夫
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2011/11/01
ITI会員は1000艶
サイト

http://www.green.dti.ne.jp/~iti/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1950年代、ジェイミソン家ではトレヴァーの父であるアーノルドが生まれていた。 そして1953年から1956年にかけ、サウスオーストラリア州奥地の砂漠地帯で英国が核実験を行った。600回に及ぶテストで、9個の核爆弾が炸裂した。そしてそこは、ピジャンジャジャラの人々が白人との接触を殆ど持たずに伝統的生活を営んでいた場所でもあった。。。。

アボリジニ俳優トレヴァー・ジェイミソンの一族の物語。彼の祖父、両親の代、そしてトレヴァーの世代まで、彼らピジャンジャジャラの人々を取り巻く歴史について、劇が展開する。タイトルは、ピジャンジャジャラ語で「私はあなたに何かを与え、あなたは私に何かを与える」という意味。


ドイツ、ハンブルグ・ラオコーンフェスティバル(2002)以降、アデレードフェス、シドニーフェスなど多くの国際フェスティバルで上演されたパフォーマンス色の強い舞台。トレヴァー・ジェイミソンは現在、映画、TV、舞台で活躍する人気俳優でもある。


紛争地域から生まれた演劇シリーズ3「動乱と演劇」
体制が引き起こした過酷な現実と
個人の軋轢を描く
日本初訳・初演戯曲のリーディング企画。


その他注意事項 ●12月3日(土)終演後、ポストパフォーマンストークあり。佐和田敬司、和田喜夫、司会:七字英輔
スタッフ 翻訳:佐和田敬司
協力:黒テント
制作協力:国際舞台芸術交流センター(PARC)
技術協力:レイヨンヴェール
プロデュース:林英樹
制作:樫村千佳
制作統括:曽田修司

[情報提供] 2011/10/30 14:48 by hide

[最終更新] 2011/11/02 17:44 by hide

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

ガモウミノル

ガモウミノル(1)

制作 当日運営 その他(スタッフ)

宜しくお願いいたします。

hide

hide(0)

「紛争地域から生まれた演劇」の企画委員をさせていただい...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大