演劇

第18回公演

トラビシャ

アマヤドリ

こまばアゴラ劇場(東京都)

2007/09/23 (日) ~ 2007/10/03 (水) 公演終了

休演日:9月25日(火)

上演時間:

粗忽と面倒


「どうです、お散歩になりませんか? 今夜は寅毘沙ですぜ」

あるとき小説にそんな文句を見つけ、意味はわからなかったが私は「トラビシャ」という響きに、何かワクワクするような思いがした。このセリフを発した当人も落ち着かぬ思いをしていることは明らかで、寅毘沙の夜に家で大人し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/09/23 (日) ~ 2007/10/03 (水)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 チョウソンハ、伊東沙保、中村早香、橋本仁、高橋恵、西光カイ、笠井里美、草野たかこ、松下仁、根岸絵美、西川康太郎(劇団コーヒー牛乳)
脚本 広田淳一
演出 広田淳一
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2007/08/01
[前売]
 一般 2800円 学生 2000円 高校生以下 1000円 ☆平日昼間 2300円 ペア 5000円 
 [当日]
 一般 3000円 学生 2300円 高校生以下 1300円 ☆平日昼間 2500円
サイト

http://hyottoko.sub.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 粗忽と面倒


「どうです、お散歩になりませんか? 今夜は寅毘沙ですぜ」

あるとき小説にそんな文句を見つけ、意味はわからなかったが私は「トラビシャ」という響きに、何かワクワクするような思いがした。このセリフを発した当人も落ち着かぬ思いをしていることは明らかで、寅毘沙の夜に家で大人しくなんぞしていられるわけがねえ、とでも言いたげだ。
「トラ」だけでも強そうなのに「ヒシャ」がつく。あまつさえ濁点がつく。だが「今夜は」とは? 代わる代わるバケモノが出てくるイベントのようなものがあって、いよいよ今夜はトラビシャの番だ、ということだろうか?

ここで冷静に「ところでトラビシャって何だっけ?」と尋ねることができればそれでいいのだが、この物語のヒロインはそんなことを聞かない。
「お散歩だけで、いいの?」
「え? ええ…え?」
「だってトラビシャでしょ?」
「じゃあ…、散歩じゃダメでしたら…」
「さ、行きましょう」なんつって二人は旅に出る。遥かなる荒野へまだ見ぬトラビシャを追って、なんなら四人くらいで出る。

ソワソワすると人は慌てるもので、慌てているとヘマをやらかす。やらかしたヘマでまた慌て、かくしてソワソワは永久機関のように人を駆動させる。要するにまあ、今回はそういうお話であって、粗忽者が流れ者になって世をさすらい、面倒くさすぎて何もできない連中についには重い腰を上げさせる…。

残酷なことは沢山あるけれど、深刻なことはあまり残ってない。そんな舞台です。


作・演出  広田淳一
その他注意事項 9月
24日(月)19:00★終演後トーク
26日(水)19:30★終演後トーク
27日(木) 14:00☆平日昼間割引 19:30★終演後トーク
30日(日) 14:00○託児サービスあり

10月
2日(火) 14:00☆平日昼間割引



耳寄りお得情報!

見知らぬあなたに観て欲しい!
『僕を会員にするようなサークルにだけは入りたくない』と思っている、そんなお客様にこそ観て欲しい! ひょっとこ乱舞では、縁遠いお客様を歓迎いたします。 どうぞこの機会をお見逃しなく!


[その1:タダ観でゴー!]
試食は無料の精神にのっとり、ひょっとこ乱舞を初めてご覧になる方を、各ステージ5名様まで無料モニターとしてご招待いたします。


[その2:各種割引有り!]
平日昼間から劇場に向う奇特なお客様への平日昼間割引を始め、学割、リピーター割引など実施しております。ぜひご利用ください。


[その3:福耳デポジット!]
その昔、チェリオの空瓶で小銭が返ってきたごとく、アンケートへご記入いただいたお客様にもれなく100円キャッシュバックいたします(会場のみ・暴言可)。
住所、連絡先は未記入で結構です。ご意見・ご感想をぜひお聞かせください。


※ごく稀に、観劇が無料になる『当たりシール』つきのチラシがございます。チラシを  見かけたらこっそり探してみて下さい。
スタッフ 作・演出:広田淳一
舞台監督・美術 :森貴裕(猫ノ手)
音響:角張正雄(SoundCube)
照明:三浦あさ子(賽【sai】)
照明補:大谷友香
ヘアメイク:増田加奈
宣伝美術:山代政一 内藤真代
web:遠藤径至
写真:大倉英揮
制作:柏戸綾 
制作補:すなだまりこ 清水建志 田中沙織 国分譜美子 澄井葵
演出助手:北川大輔

[情報提供] 2007/07/01 14:23 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/12/26 15:26 by kato

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

氏

(0)

制作のお手伝いをさせていただいています。

北川

北川(4)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 ドラマターグ

演出助手・映像として参加しています。

このページのQRコードです。

拡大