演劇

ガレキの太鼓 第6回公演

吐くほどに眠る

0 お気に入りチラシにする

演劇

ガレキの太鼓 第6回公演

吐くほどに眠る

ガレキの太鼓

こまばアゴラ劇場(東京都)

2012/01/06 (金) ~ 2012/01/15 (日) 公演終了

休演日:2012年1月10日(火)

上演時間:

ひざまずいて許しを乞えば、どこから始められるだろう


私が何かをやったとて、誰に関係なんぞある
あなたが何かをやったとて、私の目には入らない

泣いてしまえというなら、その方法を教えてほしい
弱音を吐けというのなら、全て受け入れてくれるのかい
甘えるなと君は言う
強く生きろ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/06 (金) ~ 2012/01/15 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 井上三奈子(青年団)、北川裕子、小瀧万梨子(青年団)、髙橋智子(青年団)、富田真喜(青年団)、南波早(なんばしすたーず)、由かほる(青年団)、吉田紗和子
脚本 舘そらみ
演出 舘そらみ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/11/26
[全席自由席・税込・整理番号付]
前売2,500円、当日3,000円、高校生以下1,000円
サイト

http://garekinotaiko.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ひざまずいて許しを乞えば、どこから始められるだろう


私が何かをやったとて、誰に関係なんぞある
あなたが何かをやったとて、私の目には入らない

泣いてしまえというなら、その方法を教えてほしい
弱音を吐けというのなら、全て受け入れてくれるのかい
甘えるなと君は言う
強く生きろと君は言う
ならどうぞほっといて
どうか私をほっといて
お願いだからほっといて

ガレキの太鼓、女だらけの人間賛歌
1年半ぶりの再演
肩を震わせ泣いたあの子の、人生の物語
その他注意事項 ※未就学児童入場不可
※6(金)夜、7(土)夜、8(日)夜、14(土)夜はアフターイベントあり

日仏若手演出家シリーズ参加作品
スタッフ 舞台監督:森山香緒梨
美術:濱崎賢二
音響:田中亮大
音楽:森 優太
照明:岩城 保 照明操作:山岡茉友子
衣裳:中橋玲子 本間圭一
演出助手:原岡岳穂 日坂春奈
演出補佐:久保大輔
宣伝美術:大木 瞳
WEB:池田宇大
モデル:伊藤幸子
制作:梅田 桃 矢口友朗 森口さやか 制作補佐:鈴木明日香 工藤寛泰
協力:INGEL オーケープロダクション 創像工房 in front of.  なんばしすたーず フォセット・コンシェルジュ (有)レトル 六尺堂
主催・企画制作:ガレキの太鼓 (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力:斎藤 拓(アゴラ企画)
芸術監督:平田オリザ
助成:文化庁

[情報提供] 2011/10/24 00:17 by umeda

[最終更新] 2013/01/07 18:50 by umeda

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

がーく

がーく(0)

演出助手として参加しております。何かを感じてもらえる作...

もーりぃ

もーりぃ(0)

初のアゴラです!よろしくお願いします!

脇路ソレル

脇路ソレル(59)

ドラマターグ 照明 制作 当日運営 Webサイト

ひとりの女性のお話ですが、男性でも女性でも、いろいろと...

このページのQRコードです。

拡大