演劇

第2回公演

鳥籠が鳥を捕えにでかけた

溶けるカフカ

デザイン:大楠孝太朗

0 お気に入りチラシにする

演劇

第2回公演

溶けるカフカ

鳥籠が鳥を捕えにでかけた

カトリ企画UR

日本基督教団 巣鴨教会(東京都)

2011/12/08 (木) ~ 2011/12/10 (土) 公演終了

上演時間:

絶望的に見える状況の中で、絶望しない諦観が必要とされている。
だから、カフカをとりあげてみる。その小説世界のふるまいの中には、あれかこれかというalternative(二者択一)でなく、「伝統や習慣にとらわれない、型にはまらない」オルタナティブの決定不能性がある。
だから、カフカには冷徹で...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/08 (木) ~ 2011/12/10 (土)
劇場 日本基督教団 巣鴨教会
出演 板橋駿谷(ロロ)、大川翔子(劇団競泳水着)、中村早香(ひょっとこ乱舞)、森田祐吏(北京蝶々)
脚本 フランツ・カフカ
演出 鳴海康平(第七劇場)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2011/11/01
前売り 2500円
当日  2800円
サイト

http://on.fb.me/n33kdY

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 絶望的に見える状況の中で、絶望しない諦観が必要とされている。
だから、カフカをとりあげてみる。その小説世界のふるまいの中には、あれかこれかというalternative(二者択一)でなく、「伝統や習慣にとらわれない、型にはまらない」オルタナティブの決定不能性がある。
だから、カフカには冷徹でありながら暖かさに満ちた笑いがあるんだろう。
カトリヒデトシ(プロデューサー)

------------------------------------

ひとつの事実に対して、いくつもの真実が生まれることが日常化する。現実も、出発点だったはずの事実ですら、いくつも存在することを知ってしまった私たちには、世界はプライベートに格納されselectiveである。もう絶望すらできないし、きっと近いうちに絶望は昔の小説にある古い言葉とされ、共感という言葉は不必要な勘違いと同意語として扱われるだろう。この絶望も共感も無効化した並列を前に、カフカはきっと笑うことを選ぶだろう。たとえそれが世界のごく一部にすぎないとしても。
鳴海康平(第七劇場 演出家)
その他注意事項 12月8日(木)19:30→ポストトーク有ります。
12月9日(金)15:00→ポストトーク有ります。

・劇場ではない為、暖房が利きにくいです。
 暖かめの格好でご来場ください。
・未就学児童入場不可です。

スタッフ 【プロデューサー】 カトリヒデトシ
【制作】 山田杏子
【構成・美術】 鳴海康平(第七劇場)

[情報提供] 2011/10/23 17:14 by イタチ屋

[最終更新] 2012/03/26 10:32 by 山下茜。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー7

板橋

板橋(0)

板橋です。 楽しみだわぁー!! よろしくお願いします!!

森田祐吏

森田祐吏(0)

役者・俳優

出演します。 ふだんは北京蝶々て劇団で役者をしてます...

nrm

nrm(0)

演出を担当します。

このページのQRコードです。

拡大