オペラ

新国立劇場オペラ研修所 研修公演

アルバート・ヘリング

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2007/03/08 (木) ~ 2007/03/11 (日) 公演終了

上演時間:

今年も「五月の女王」を選ぶ季節がやってきた。品行方正な若い女性に贈る由緒ある賞なのだが、今回の候補者はいずれも”遊び盛り”のせいか不適格とされ、なかなか決まらない。見送りもやむなしと思われたが、今年は「五月の王」でもいいではないかという意見が出され、朴訥で誠実な八百屋の息子、アルバート・ヘリン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/08 (木) ~ 2007/03/11 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
作曲 ベンジャミン・ブリテン
演出 デイヴィッド・エドワーズ
料金(1枚あたり) 4,000円 ~
【発売日】2007/01/21
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000006.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今年も「五月の女王」を選ぶ季節がやってきた。品行方正な若い女性に贈る由緒ある賞なのだが、今回の候補者はいずれも”遊び盛り”のせいか不適格とされ、なかなか決まらない。見送りもやむなしと思われたが、今年は「五月の王」でもいいではないかという意見が出され、朴訥で誠実な八百屋の息子、アルバート・ヘリングに白羽の矢が当たる。
授賞式の当日、演説などしたことのないアルバートはやっとの思いでお礼の言葉を述べる。友人のシドが悪戯で「五月の王」が使うグラスに酒を入れたため、酔いが回ったアルバートは上機嫌で家に帰ってくる。
シドと恋人のナンシーがいちゃついているところを目撃してしまったアルバートは、内気な自分を恥じ、意を決して賞金の金貨を手に夜の町に繰り出す。そのまま翌日の午後になっても戻らなかったため、事故に遭ったのではと皆が心配するなか、ひょっこりとアルバートが現れる。だが、それまでとはどこか様子が違っていた。そして彼が発した言葉は…
その他注意事項
スタッフ 【原作】ギー・ド・モーパッサン
    (短編小説「ユッソン夫人のばらの樹」)
【台本】エリック・クロージャー
【作曲】ベンジャミン・ブリテン

【指揮・音楽指導】アンドリュー・グリーンウッド
【演出・演技指導】デイヴィッド・エドワーズ
【ヘッド・コーチ】ブライアン・マスダ
【美術・衣裳】コリン・メイズ

【管弦楽】東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

[情報提供] 2006/12/23 23:55 by camin

[最終更新] 2006/12/23 23:56 by camin

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大