熱海殺人事件 公演情報 熱海殺人事件」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.7
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★★

    圧倒的な存在感
    今回の部長は本当にすごかった。
    オリジナルに負けてないというより、
    オリジナルよりかっこ良かった。
    逆に言ったらかっこ良すぎたのかもしれないけど(笑)

    オリジナルの部長はキチガイ的な要素が強いイメージだけど、超電磁劇団ラニョミリINTERNATIONALさんの部長は身のこなしが綺麗だからかっこ良かった。
    個人の趣味では動きの綺麗な方が好きだし凄いと思うので、はまり役だと思った。

    ラストの花束からの見せ場は本当に凄いしかっこ良かった。
    そこだけでもオリジナルに勝ってる。

    以前紀伊国屋で見ても、何故花束で殴るのか分からなかったし、「あーお約束だ」と思っただけで「つかの熱海のお約束を観れた」という以外に何も感動もなく、かっこいい訳でもなかった。

    でも今回みて
    「つかこうへいの演出の意味はこういう事だったのかな」と納得出来ちゃった。
    本当に凄いと、人は理屈抜きで感動しちゃうもんですね。
    いろいろと比較される作品でしたが、とにかく面白かったし、
    役者さんの凄みを感じられたし、
    ラニョミリさんの熱海殺人事件は、
    わたしはサイコーでした。

  • なかなか良かった
    正直、聞いたことない劇団で見に行くのは不安だったが「熱海」は興味あったので見に行くに至った。
    結果として期待以上ではあった。メイン4人に光るものはあった。
    しかし、何か今一つ足りない。大山が若すぎたのかもしれない。
    いや、大山の年齢から考えれば殆ど演じていた役者と離れていなくて良かったと思う。しかし、平均年齢から考えれば大山役の彼は見劣りしてしまった気がする。
    しかし、その中で食らいつく彼に好感が持てた。
    次回以降にも期待したいと思った。


    しかし、水野役の女優さん綺麗だったなぁ…。

  • 満足度★★★★

    ちらしに惹かれて。
     ちらしのデザインに惹かれて観に行ってみた。事前にHPで確認したところによると、奇抜な設定のオリジナル劇を上演する劇団が今回初めて既存の台本に挑戦するとのこと。どれだけ奇抜な「熱海」が観られるのかと思ったら、意外にもつかの基本に忠実ににまとめられていて、つかファンとしては安心して観ることができた。しかしながら、「飛龍伝」とリンクしてあったり、犯人である大山金太郎が売れないお笑い芸人であったりと、オリジナルの要素も多く、台本の構成のよさが光った。

     役者は、主役の台詞の噛み具合と熊田役の動きの硬さが目に付いたが、まあ許容範囲。クライマックスの首絞めのシーン、大山役の役者の熱演に思わず涙。若手の役者らしいが、今後が期待できる役者である。

     荒削りながらもどこか引き込まれてしまう不思議な舞台だった。これが「熱海」の持つもともとの力なのかこの劇団の力なのかは次の公演を観たときに明らかになるのだろう。

  • 満足度★★★

    これ以上はイジれないかな
    うーむ、ここまで何度も作品化されてる話ですし、
    通しで見るのは初めてでしたが。
    丁寧さが不足してたかな?
    不条理な話をミュージカルにしたりして、
    結構笑えたのですが、
    テンションの抑揚幅が今ひとつで、
    最後まで食い入るようにって感じではなかったのが残念でした。

  • 満足度★★★★

    手ごたえ十分
    ラニョミリが「熱海殺人事件」をどうやるのか、大変興味があり、観劇に出かけた。で、思ったのは、まず、台本の完成度が高いということ!川崎、お笑い芸人、隠れソープ嬢の信用金庫のOLと、原作にはない今日的なオリジナリティが加えられていて、しかもそれが全く違和感がなかった。
    役者の熱演も好感がもてた。いわゆる、うまい役者たちではないのだが、まさにそれぞれに、にじみ出る「花」が感じられた。
    その点、ラニョミリの過去作品より、レベルが高いように思った。

    難を言えば、劇中劇がちょっと長いということ。もっと短く、ストレートに泣かせてほしい。そこまでには今一歩といったところか。

    次回作は、またオリジナルとのこと。大いに期待したい。

  • 満足度★★★★

    息つく暇が
    息つく暇がないくらい、どんどん展開していく舞台にすっかり圧倒されつつも、楽しませていただきました。

    予想はしていましたが、やはり熱海なので最初は弾丸ゼリフについて行くのがやっとでした。でも面白いなかにも切なく投げかけられるものがあり、私の好きな「1000円出しない、」のシーンがなかったにも関わらず、劇中劇からのクライマックスは圧巻で、つい涙してしまいました。

    脚本も役者さんたちの熱意あるれる演技もとてもよかったです。
    4人の登場人物が6人に増えているのも違和感なく、飛龍伝とのコラボもなるほど!といった驚きでした。

    途中「ヒミサン」って何?日見さんって人?とか頭で転換できない言葉もありましたが、パンフレットの用語解説集を見て納得!

    前日に友人から、あそこの座席の背もたれ低くて腰がいたいよ、と聞いていましたが、クッションが背もたれに挟んであるなど、ちょっとした心遣いも嬉しかったです。

    次回はオリジナル作品とのこと、是非また観に伺いたいと思います。

  • 満足度★★★

    舞台は広すぎてもいけない
    いまや古典、といってもいい「熱海殺人事件」。

    今回の公演は、私の趣味でいえば、もう10倍くらい出演者のアクを強くして演じてほしかった、と思うが、まあ、それは趣味の問題です。

    総じて、面白く、楽しくみることができました。

    ただ、私が気になったのは、この劇団のこの芝居をやるには、この劇場は大きすぎるのではないか、ということです。

    メインの登場が4人、それにあと2人の6名で演じるのだが、悪く言えば舞台空間がスカスカ、という印象。

    これが、いわゆる額縁舞台なら、また印象が違うのだろうが、外へ通じる左右の扉まで観客にみえてしまっているので、いやにただっぴろくみえる。

    役者さんたちは、この左右の扉から出入りすることも多く、懸命に小走りで行きかうが、いかんせん距離があり、微妙に芝居全体のテンポを緩慢にしていた。

    この点が非常に残念。

    せめて、この劇場の半分くらいの小屋で、この公演をやったら、さらに100倍くらい素敵に感じられる芝居になったと思う。

    終演後、聞いたら、最近はずっとこの劇場を使っている、とのこと。

    だとしたら、蜷川もどきの(笑)、やたらに出演者の多い芝居をするとか、左右に幕を垂らすなど、工夫が必要だと思うが。いかが。

  • 満足度★★★

    初・つか作品&ラニョミリ
    初めてつか作品を観ました。同時にラニョミリ初観劇です。
    いつもはオリジナル作品のようなので、今回は今までとテイストが違うのかもしれませんが・・・

    どこまで原作に忠実かわかりませんが、セリフが多く、テンポのよさが命の作品なんですね。

    舞台は、ある意味、贅沢な使い方だな、と思いました。

    お芝居が始まった頃には一生懸命ストーリーを追おうとしましたが、そうじゃないんですね。
    見方を変えたらずいぶn楽になりました。

    ネタバレBOX

    婦人警官役の女優さんはちょっとドキドキしちゃいました。

    全体的に後半になるとテンポと勢いが落ちてしまうのが残念です。
    そして、もっと笑わせて欲しかったような。

    かつ、2時間はちょっと長い。集中力、限界です・・・
  • 満足度★★★★

    いろいろありますよ。
    わたしも開演時間に間に合うように行ったので
    ちょっと開演時間を延ばすのは頭に来ていました。

    けど、そのあとに車いすの方がいらっしゃっていたので
    事情はあるんだなあと思い、納得はしました。
    なんだかんだ言って上演遅れは5フンくらいなので
    たいしたことなかったです。

    芝居は…
    微妙と言えば微妙。
    すごいと言えばすごい。

    熱海殺人事件は

    いろいろなところでやっているし、全部見ているわけではないですし、
    そもそも、プロでも結構みんなかむし。

    ただ、もう一回見てみたいなあ
    これ、あとを引く芝居なので、もう一回見たい(と言っても行けないです)

    と、思うくらいいい芝居でした。
    泣いちゃったし。
    ええ、泣きましたよ!

    泣いた自分が馬鹿なのか、
    泣かせたこの劇団が馬鹿なのか・
    わかりませんけどね。

    いいお酒は十分楽しめましたね。

    ネタバレBOX

    職工とかブスとか、千円とか、
    つかこうへいのキーワードは一切ないです。

    だからすごいというのか、
    それでもいいというのか。

    すみません、ネタばれにも
    なっていません。

    ただ「お笑い」の芸人を
    出していたことに

    すごく共鳴できました
  • 満足度★★★

    飛龍の使い方は良かったです
    最初に、開始時間が来ているのに、まだお越しでないお客様がいらっしゃいますので暫くお待ちくださいはあり得ないでしよう。
    主役のかたの声量不足とカミカミは熱海を見ようと言う高揚感を萎えさせてしまう。台本は上手く改訂してオリジナリティも加わっていたので実に残念! 途中で飛龍が出て来てあれは何だったんだと思ったが、最後の台詞がパンチが効いていた。飛龍の上手い使い方には脱帽だった。

このページのQRコードです。

拡大