演劇

劇団青年座 第202回公演

切り子たちの秋

デザイン:早川さよ子

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団青年座 第202回公演

切り子たちの秋

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2011/10/21 (金) ~ 2011/10/30 (日) 公演終了

上演時間:

1974年秋、東京都大田区。
小さな工場が集まる町の一角にある佐久間製作所。
石油ショックによる大不況の中、父親のあとを継いだ幸子の獅子奮迅の働きと
職人たちの熟練で何とか乗り切ろうとしていた。
しかし、そんな幸子たちの頑張りにも母・照代はなぜか浮かない顔をしている。
「もう町工場の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/21 (金) ~ 2011/10/30 (日)
劇場 青年座劇場
出演 藤夏子、松熊つる松、尾身美詞、五味多恵子、小豆畑雅一、山﨑秀樹、上杉二美、石井淳、山賀教弘、麻生侑里
脚本 ふたくちつよし
演出 黒岩亮
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】
全席指定
一般 4,000円
学生 ※当日受付清算のみ 3,000円 青年座のみ取扱
サイト

http://www.seinenza.com/performance/public/202.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1974年秋、東京都大田区。
小さな工場が集まる町の一角にある佐久間製作所。
石油ショックによる大不況の中、父親のあとを継いだ幸子の獅子奮迅の働きと
職人たちの熟練で何とか乗り切ろうとしていた。
しかし、そんな幸子たちの頑張りにも母・照代はなぜか浮かない顔をしている。
「もう町工場の時代じゃないんだよ」
「コンピュータがあれば職人なんていらない」
押し寄せる技術革新の波は人を切り捨てる。
家族も職人も結束して立ち向かう佐久間製作所が選んだ道は・・・

ふたくちつよし氏が『お茶をすすって』『こんにゃくの花』に続き
青年座に書き下ろす“昭和の家族劇”シリーズ第3弾。
今では“ものづくり日本”の最先端技術を支える町工場。
今から37年前、職人たちと家族の絆が未来を拓く。


*切り子(キリコ)=金属を削ったときに出る金属くずのこと
その他注意事項
スタッフ 装置=柴田秀子
照明=中川隆一
音響=城戸智行
衣裳=竹原典子
舞台監督=尾花真
宣伝美術=早川さよ子
製作=紫雲幸一

[情報提供] 2011/09/30 10:14 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/10 13:02 by keke

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大