宮殿のモンスター

デザイン:内田阿紗子

0 お気に入りチラシにする

TPN Plays & Players

遊空間がざびぃ(東京都)

2011/12/10 (土) ~ 2011/12/13 (火) 公演終了

上演時間:

16歳の少女ダックとかっこよくもダメなバイク野郎のパパが2人の暮らしを守ろうとして、悪戦苦闘する物語。2人を取り巻く人々の思惑と、少女のアナログな夢想と、パパのバーチャル空間が入り混じって、大混戦。
ソーシャルで、エデュケーショナルで、たまらなく情けなくて、愛おしくて、可笑しい。
装置...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画2

すべて見る

2012年7月公演に向けての、「宮殿のモンスター」のトレーラーです。演劇ならではの演劇。そのエッセンスをおたのしみください。

公演詳細

期間 2011/12/10 (土) ~ 2011/12/13 (火)
劇場 遊空間がざびぃ
出演 石田博英(劇団昴)、高山佳音里(劇団昴)、備本よしか(プロダクション・タンク)、西村俊彦(マック・ミック)
脚本 作:ディヴィッド・グレイグ、訳:中山夏織
演出 演出:松本純一、ムーブメント・ディレクター:依田朋子(イデビアンクルー)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2011/10/01
チケット(全席自由席)
一般 3500円 学生 2500円

●インターネット予約
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/plays-players/

●電話予約(カンフェティ チケットセンター)
tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)

※インターネット、電話予約ともにセブンイレブンでの発券となります。
手数料はチケット1枚につき210円です。
ご了承ください。
サイト

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/plays-players/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 16歳の少女ダックとかっこよくもダメなバイク野郎のパパが2人の暮らしを守ろうとして、悪戦苦闘する物語。2人を取り巻く人々の思惑と、少女のアナログな夢想と、パパのバーチャル空間が入り混じって、大混戦。
ソーシャルで、エデュケーショナルで、たまらなく情けなくて、愛おしくて、可笑しい。
装置や照明の力を借りず、ささやかな小道具と音楽を駆使、そして多彩な演劇手法を駆使することで、演劇にしかできないユニークな表現を探る傑作。2010年、スコットランドで初演された作品の本邦初演。



2011年10月1日(土)より前売りを開始いたします。
公演日時

2011年12月10日(土)19:00
2011年12月11日(日)14:00, 19:00(A)
2011年12月12日(月)14:00(B), 19:00
2011年12月13日(火)14:00

(A)ポスト・パフォーマンス・トーク「スコットランド演劇の現在」
(B)出演者・スタッフによるポスト・パフォーマンス・トーク

2011年12月11日(日)12:00~13:00 エデュケーション・ワークショップ

チケット(全席自由席)
一般 3500円 学生 2500円

●インターネット予約
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tpn/plays-players/

●電話予約(カンフェティ チケットセンター)
tel:0120-240-540(平日10:00~18:00)

※インターネット、電話予約ともにセブンイレブンでの発券となります。
手数料はチケット1枚につき210円です。
ご了承ください。
その他注意事項 12月11日(日)12:00~13:00 
エデュケーション・ワークショップ
「スタニスラフスキイ・イン・エデュケーション」
参加費 1,000円
スタッフ 音響:藤平美保子(T.E.S.)
宣伝美術:内田阿紗子
Web制作:油上恵子
プロダクション・マネジメント:酒井祐美
プロデューサー:中山夏織

*諸事情により演出の斉藤貴司が降板いたしました。

[情報提供] 2011/09/27 01:43 by 西村俊彦

[最終更新] 2011/12/14 00:09 by 中山夏織

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー6

ゆみ

ゆみ(0)

プロダクション・マネジメントの酒井です。 いろいろな...

たかすぃ~

たかすぃ~(0)

演出を担当いたします、劇団キンダースペースの斉藤と申し...

kaori&hirohide

kaori&hirohide(0)

石田博英と高山佳音里(こうやまかおり)です。二人とも劇...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大