ビルと廃材 公演情報 ビルと廃材」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-9件 / 9件中
  • 満足度★★★

    会場の場所はビックリ
    ブラックライト一瞬であったが、使い方は印象的であったり、場所にあってる部分もあったりして、全体的には悪くはなかったですが、もう一息、この場所ではというのが欲しかったかな。

    しかし、あの競技成り立つのか??(まあ、劇中の競技なので深く考える必要はないのだが)

  • 満足度★★★★★

    引き込まれた
    とても面白かった。
    雰囲気のある狭い会場(地図があっても一人ではたどり着けない)をとても上手に使って、好印象。
    自己啓発的なストーリーにリアルに役者や演劇をやる苦悩が表現されていた。
    いくら好きでも、それだけでは生きていけない食べていけない現実がよく分かった。
    ぜひ、出演者みなさんの夢をかなえて欲しいと思う。
    椎谷万里江さんがとても良かった。

  • 満足度★★★

    苦悩と葛藤
    荒削りで不器用な若者の自分の生き方への苦悩と葛藤が良く表現されていました。

    ネタバレBOX

    悩んでも答は出ないから行動するところ、最後は明るい友情で幕を閉じたところなどなど全体的にありがちな内容かもしれませんが、役者に合わせて書き下ろされたかのでしょうか、役と個性が合っていて自分の友人の話を聞いているかのようにとても自然な展開でした。

    主人公に気付きを与えた「親切」の存在も面白いですね。
    表現力を競うグラムの試合も本当にあれば面白そう!
  • 満足度★★★

    次回にも期待
    今回は風邪気味で他のお客さんに迷惑がかからないように咳に耐えるのに集中してしまいストーリーに集中出来なかったのが自分の中では残念だったし、そういう部分もあってかもう少し物語に工夫があると良くなるんじゃないかなと思えた。
    ただ、良い役者さんは揃っていると思う。

    以前から観たいと思っていた団体だったので見れて良かったです。
    今回一番感じたのは、住所非公開のため劇場まで行く、探すことが楽しめたのと道案内の人、サポートの人、役者さんなどのその一瞬一瞬の対応には好感を持てた。

  • 満足度★★★

    隠れ家!
    公演内容ですが、ストーリーは「ある若者が実力はあるのに、まだ自分に自信が持てないためになかなか前に進めず、悩み苦しみ、仲間を巻き込んで騒動を起こし、最終的には自分の目指すべき方向性を見つけることができました。」っという、よくありがちなものでした。

    なので、新しい視点とか、独自性はほとんど感じられなかったが、それを十分に凌駕するだけのコントロールされた情熱がほとばしり、キラキラと輝いていて、眩しかった!!!

    会場の隠れ家的雰囲気(というか、完全に隠れ家。)で開催されたこともあって、なんだか友達の家のパーティーに来たみたいな感じで、とってもホッコリした気分になりました~!

  • 満足度★★★★

    少年漫画でもいいんじゃない?
    「少年漫画のよう」みたいなコメントがあったのですが、
    自分は逆にそういったところがとても好きだったので・・。

    それと舞台を観ていて気づいたのだけれど、
    自分もわりと似た経験をしたことがあったので、
    それでか、かなり楽しんで観る事が出来ました(苦笑

    以下、ネタバレへ・・

    ネタバレBOX

    例えば物語の中で
    「自分の父親が倒れても友達には心配かけないように全然そんなこと言わない」
    というところがあって、
    実は自分も全く同じだったので(苦笑
    昔の世代はどうかわからないけれど、
    今の若い世代では凄く共感できるところなんじゃないか、
    と思ったり。

    また「急に友達が失踪」というところも同じで(苦笑
    周りの友達みんなで血眼になって探し回っているところが
    デジャブを観ているみたいで・・(苦笑
    (僕の友達の何人かはついに北海道まで探しに行ってしまった・・)

    ・・クールで距離感を保っているようだけど、実は熱い、というのが、
    若い世代には結構広がっているように思っていて(それが80年代とは圧倒的に違う・・
    既存の物語ではそれらをまだ完全に拾い切れていないなぁとは
    前からちょっと思っていて、
    それだけに、荒削りとはいえそういう物語の方向性を
    あんな電車の音が間近で感じられる奥まったスタジオで
    瑞々しく体感できたことは良かったと思う。

    僕は荒削りでどんどんチャレンジしていく人たちが大好きなので、
    これからもがんばって作品を作り続けてほしいです。

    ・・というかほとんどの批判が自分の好みだけで言っているように見えるので・・
    文句よりいっぱい良いところを見つけてあげましょうよ・・
  • 満足度★★★★

    学生だけにしか解らないウケ。
    当日パンフレットに記されていたのは、若いハタチ前後の人間が捉える現実感が横溢していた。いま起きてる世界の事件事案のつんぼ桟敷にいるようでもある。それは若者社会という閉塞性によって生まれる疎外感でもある。それぞれの世代が細分化され、個人も地域も細切れになっている。ハタチ前後の人間だけで演じ、観客もハタチ前後だ。内容は当然ハタチ前後の人間だけが知る、打合わせ通りの若者ネタ、若者たちの記号化された笑い、ウケ。もはや日本には大学生の政治デモも無い。
    経験や実感の似通った人間どうしが集まっても、同じ体験実感を確認し合うだけになりかねない。成長のきっかけにならない。日本脱出して海外の劇団にでも入りなさい。
    演技中に不要な長い間がやたら多い。

    指導者と作家を探したほうがいい。
    役者の個性は良い。


    プロの俳優になりたい人たちの劇団らしい。台本が漫画の台詞のようだった。

    ネタバレBOX

    タイトルは変えたほうがいい。
    公演内容とビルと廃材は無関係。
  • 満足度

    友情?夢?
    作者のやりたいことをやってますって公演。それ自体は悪くないのだが、ただそれだけの印象。

    そこにインパクトや巧みな何かが追加されてこそやる意味があるのではないか?ドキュメントというならばわからなくはないが・・・

    だからこそ説得力がまったくないのだ。演技力がとても表面的で、この狭い空間でやっている意味も感じられない、学生劇団独特の悪さみたいなものを全面に見てしまった。

    ネタバレBOX

    やりたいことやってます、だけではもう公演を打つべきではないと思いますよ。もう、学生ではないのだし、まがいなりにもお金をとっている公演なのだから。
  • 満足度★★★

    若者特有の鬱屈感、逼迫感を表現
    ひと言で言えば「夢を模索する若者の、飢餓感、迷妄と鬱屈。そして彼を取り巻く仲間たちとの友情物語。

    ということになるのだろう。

    私は、とても面白く、特に若者の持つ「鬱屈した感覚」みたいなものがよく出ていたように感じて面白く拝見した。

    ただ、従来の「演劇」というくくりでみると、未成熟の感は否めない。

    台本のセリフはナマな印象のところも少なくない。演出も粗さが感じられる。
    また、俳優陣の演技も、巧いとはいいがたい。

    しかし、この芝居には「そんなこと、大した問題ではない」と感じさせるような、切り口のなまなましさ、この主題に対する、彼ら若者のひっ迫感があり、それが魅力になっている。

    既成の中堅劇団の真似をして、もっとまとまりよく、さしあたっての見栄えよく作ることもできたはずだ。

    だが、あえてそうしないで(と、好意的すぎるかもしれないが、私にはそう感じられた)、自分たちのやりたいようにやった、それが素晴らしい。

    以下、少しネタばれ。

    ネタバレBOX

    ただ、私の趣味からすると、ラストがちょっと物足りない。

    「友情物語でした、チャンチャン」

    というぶなんな終わらせ方の印象だったが、もう少し違った何かがなかったかと感じた。

    そこを、もっと深いシビアな現実認識で締めくくれば、テーマがさらに生き、ドラマとしても深みが出たような気がする。

このページのQRコードです。

拡大