演劇

ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène2011

演劇

ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène2011

『DAIKAIJU EIGA』『Rosa, seulement』

青年団国際演劇交流プロジェクト

こまばアゴラ劇場(東京都)

2011/09/30 (金) ~ 2011/10/05 (水) 公演終了

上演時間:

こまばアゴラ劇場と、パリ郊外にあるジュヌビリエ国立演劇センターは、これまでも提携劇場として、数々の交流を行なってきました。
今年度からは、特に若手演出家の交流に力を入れることとなり、アゴラからは東京デスロックが、フランス側からは、二人の若手演出家が、このプロジェクトに参加することとなりました...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/30 (金) ~ 2011/10/05 (水)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演
脚本 クリストフ・フィアット、マチュー・ベルトレ
演出 クリストフ・フィアット、マチュー・ベルトレ
料金(1枚あたり) 0円 ~ 3,000円
【発売日】2011/08/15
※2011年度こまばアゴラ劇場支援会員・ご招待公演
前売・予約:1,800円 当日:2000円 セット券:3000円(※前売のみ)

*全席自由・日時指定・整理番号付。
*芸術地域通貨ARTS(アーツ)でもご観劇いただけます。
(ARTSとは、桜美林大学の演劇施設内で施行されている地域通貨です。1ARTS=1円。)
サイト

http://www.komaba-agora.com/line_up/2011/09/gennevilliers/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 こまばアゴラ劇場と、パリ郊外にあるジュヌビリエ国立演劇センターは、これまでも提携劇場として、数々の交流を行なってきました。
今年度からは、特に若手演出家の交流に力を入れることとなり、アゴラからは東京デスロックが、フランス側からは、二人の若手演出家が、このプロジェクトに参加することとなりました。
今回来日する二人は、どちらもフランス演劇界の未来を担う注目の演出家です。
私は昨年のフランス滞在中に、二人の作品を見ることができました。その作風はそれぞれ違いますが、どちらも流行りの言葉で言えば「キレキレ」です。ぜひ、フランスの若手演出家のエッジのかかり具合を目撃していただければと思います。

こまばアゴラ劇場芸術監督 平田オリザ



クリストフ・フィアットが示すのは我々をとりまく現実である。果てなく巡る。
戻りくる姿はたがわずも、じわりじわりと姿を変え新たなひとつの現実をもたらすことで現実というものを異なる作法でみせてくれる。
マチュー・ベルトレが示すのは加工された現実である。砕かれ散らばる。
あらゆる層が、面が、つまびらかに。宝石のよう。
まなざしを向ける角度に応じ 異なる作法できらめく。
絶えずいっそうの豊かさへと。

ジュヌヴィリエ国立演劇センター 芸術監督
パスカル・ランベール

その他注意事項 *未就学児童はご入場いただけません。
スタッフ 『DAIKAIJU EIGA』(※上演時間 約50分予定) 
作・演出・音楽:クリストフ・フィアット
翻訳:平野暁人 美術:鈴木健介
出演:クリストフ・フィアット 工藤倫子

『Rosa, seulement』(※上演時間 約45分予定) 
作・演出:マチュー・ベルトレ
字幕翻訳:平野暁人
出演:ノラ・ステニグ マチュー・ベルトレ

[情報提供] 2011/08/31 20:51 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/29 11:43 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大