【ご来場ありがとうございました。】甘え子ちゃん太郎 公演情報 【ご来場ありがとうございました。】甘え子ちゃん太郎」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.1
1-11件 / 11件中
  • 満足度★★★★★

    濃口のスーパーテンション
    はじめから異界に引きずり込まれる。意味をあまり気にしない、ハードな音楽劇か。上と下の織り交ぜ方が面白い。際物好きはきっと中毒になる。楽日のためか、すさまじいテンションの歌唱と体演だった。

  • 満足度★★★★

    バカな感じのハイレベル
    初見です。
    最初、見方がわかるまで1時間ぐらいは????でしたが、生理的に作ってる感じがだんだん伝わってきて、なんやらなんだかわからないけど楽しい感じになりました。
    歌詞カードもあるので見てみると、ほんと思いのまま書いてる感じ。
    動きもたぶん思いのままの感じで、理屈じゃないのです。
    ただ、簡単そうに見えますが、肉体的には相当ハイレベルに見受けられました。
    楽しんで演じていらっしゃるので、つらくは見えなかったですが、
    後半連続カエル飛びで歌い続けていたのは、びっくりしました。
    すごい・・・。
    カエルのみなさんお疲れ様でした。

    ネタバレBOX

    あと、下に降りるとマサコが意外とでかい。
  • 満足度★★★★★

    元気が出る!
    15MinutesMadeで観て以来「浴槽船」のフレーズが頭から離れない。
    吉祥寺のライブでも観られて、今回もやってくれて大満足!
    本公演は初めて観たが世界観に引き込まれた。
    楽しかった!

  • 満足度★★★★★

    最初は不気味だった
    民話話劇とあるが、とんでもない。最初は思わずのけぞってしまった。しかしこれが観ていくとついつい引き込まれてしまう。
    役者さんの所作(踊り・語り・楽曲)とも見事に演じられていて、見事な出来であった。
    最初は引いてしまったが、最後には思わず乗り出してみていた。

    今までに見たこともない怪異な種類の演劇であった。

  • 満足度★★★★★

    すげー好き
    羽衣、スゲー好き。そういえば、マームをこないだ初めて見たけど、あの世界には共感できずにこの世界には共感できる。って、やっぱ好き嫌いなのか。どちらもノスタルジーを感じさせられるんだけど。

  • 満足度★★★★

    ドはまる
    「何に?」と問われると
    ものすごく説明しずらいのですが、
    びっくりするほどはまってしまいました。

    ネタバレBOX

    いろいろと下世話、
    あちらこちらオーバーアクション。
    シーンごとに深いつながりもなく、
    シュールな感じもする。

    場に語られることに
    飛びぬけた繊細さが感じられるわけではないし・・・・。

    ニモカカワラズ
    場の印象が残る。
    ウシガエルの声が、踏み切りの音が、
    ぞくっとくるようなヘタっぽさを細緻に編みこんだアカペラが・・・
    さらにはラブホテルの入り口での男女のどや顔が
    思いっきり観る側に刻み込まれる。

    で、それらの空気が霧散したとき
    すごくピュアな感じに心が満たされるのですよ。
    馬鹿馬鹿しい歌詞、
    ダンス的は身体の使い方とはいいがたい動き、
    塗りこめられたような舞台の質感・・・、
    でも、最後に舞台に吹く風に
    心がすっと透き通る感じがする。
    あからさまがピュアに昇華するような
    不思議な感覚に包まれての終演。

    多分、舞台上のさまざまなことが
    観る側が気づかないほど緻密に
    丹念に紡ぎあげられているのだと思うのですよ。
    だから、色の強いシーンにくみ上げられた部分も
    観る側に滓が残らない。
    感覚的にもたれることなく、
    ずっと舞台に見入ってしまう。

    こういうパフォーマンスって
    入り込むのに少々時間はかかるけれど、
    一方で味を覚えたら
    抜けられなくなってしまうような魅力があって。

    なにか間違いなくくせになる予感。
    マジでやられてしまいました。
  • 満足度★★★

    不思議
    こういったスタイルの舞台は初めて見たので、
    何だか凄く不思議な感じでした。
    時折、ツボにはまるシーンもあって、楽しめました。
    ただ、単調なリズムで繰り返し演じられるシーンは、
    ちょっと長く感じて、眠気と闘ってしまいました。

  • 満足度★★★★

    みょ~体験
    な、な、なんなんだっっっ、これは。妙っていうか、僕自身の脳ミソの限界を飛び抜けて突き抜けてく。でも、そんなぶっ飛んだ感覚が楽し過ぎるっっ。物語をつかもうとしても無限大と極小を交錯する世界にスルリとかわされ、歌っていうか魂の叫びで、ダンスっていうか情熱で。目の前に起こってるものが何なのか全くわからないまま二時間、息苦しいほどエネルギー浴びせかけられて、生きる活力をもらえた感じ。見たことないもの見たくて芝居見に行ってる側面あるけど、こんなに圧倒されたのは久しぶり。とても楽しかった。

    ネタバレBOX

    生まれてきたらもう~♪頭からメロディーが離れない。美術も衣装も独特で、この妙体験、クセになりそう。物語は「甘え子ちゃん太郎のラブホでの情事と、彼女のおしりのバージンアイランドを交錯するファンタジー」という理解でいいのだろうか。とにかく歌とダンスが楽しかった。
  • 満足度★★★★★

    糸井ワールド全開!
    客演の夏目慎也がすごくいい味を出していた。羽衣のテイストとうまくマッチして幻想的な作品に仕上がっていた。

  • 満足度

    妙ージカル・・・?・・・?・・・♪
    妙ージカルに惹かれて観たのだが・・・♪
    妙なだけだった♪

  • 番外3
    文句だけ言うのもシリーズ化。今夜もチケットトラブルで1日を台無しにしてしまった。いままで、①普通に予約したのに名前がない(もちろん、これが一番多い)②チケプレ当選したのに名前がない(そもそも当たることが珍しいので1件だけど、インパクト大だった)③全席指定、予約したのに名前がない。今日は③、そうきたか、初めてのパターンだ。加えて、受付の準備できてないよ。受付時間って、その時間に「受付の準備を始める時間」じゃないと思うんだけど。最初から漏れていたんだろうから、何度もチケット見直しても出てくるはずもなく、結局、当日券と同じ扱い。空いている席、指定席とわかっていて、予約が遅かったから、どの席でも文句はなかったはずなのに、入口でいきなり塩をぶちまけられたような気分で中に入る。あ〜今日もダメだ。余談ですが、この劇場は2回目で、前回も受付で名前がなかったので、またか…。

    10/24追記:本日、@某劇場、よくお会いする方のお隣になったのでお聞きしてみました→Q「受付で名前のないことってありますか?」A「よくあります」…ゲゲッ、ということは、この程度で腹をたてるのは大人げないのか?

    ネタバレBOX

    ん?江本さん、いらしてる。

    観劇の動機は①深井さんを「完璧な世界」でみて②高野さん出演、だったのでこれはこれでよかったと思います。

    といっても、チラシからこのお芝居は想像できませんでした。もともと役者さんのお名前や劇団名はほとんど覚えていないので「ぴちょーん」という掛け声を聴いて「15Min」でみたことに気が付いたほどです。

    その時はちょっとダメだったのですが、今回の作品、少し時間が経って振り返ってみると悪くはないと思っています。

    話の筋や脈絡のなさそうなパフォーマンス(妙ージカル?)も、初めてみている分にはおもしろいと思いましたが、これも好き嫌いで、もう一回みたいかというとそれはなさそうです。きちんと予習しておくべきだったと反省。

    パフォーマンスとしてはいいけど、お芝居としてみてしまうと少々退屈、観るこつ、楽しみ方がつかめませんでした。たぶん、かなりのメークで役者さんの素顔(らしくみえるところ)が見えにくいのが、今の私に合わないのかも。

    男女がホテルで一晩中***なのはいいけど、だからなんなんだろう、と思ったり。列車がくるのに***に励むことにどんな意味が?

    これって、お尻のニキビの世界で起こったこと?

    同じように短い時間のものではダメだった「マームとジプシー」を昨晩みて、これは次もアリだと思ったのとはずいぶん違いました。

    やはり普通に入場して、普通にみたかったと思うのでした、結構影響している、なので評価するのはやめておきます。

    江本さんのお隣にいらした方は、軽演劇のとき場内で案内をしていらした方ですね。

このページのQRコードです。

拡大