演劇

82-party公演2011/11

2011新作秋公演

酉谷家の人々〜ブラザーズ・シスターズ〜

デザイン:岡谷久美子

0 お気に入りチラシにする

演劇

82-party公演2011/11

酉谷家の人々〜ブラザーズ・シスターズ〜

2011新作秋公演

82-party

阿佐ヶ谷アルシェ(東京都)

2011/11/10 (木) ~ 2011/11/13 (日) 公演終了

上演時間:

この物語は酉谷家の家族、とりわけ、その一家の子供たちの物語である。
子供たちと言っても、もういい年をした大人たちが親のいないこの「家」を守りながら生活をしているといったそんな物語だ。
酉谷家の当主である酉谷金之助・桃子夫妻は子供たちをおいて世界旅行を楽しんでいて、以前はたまにふらりと帰って...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画3

すべて見る

出演者インタビュー後編

公演詳細

期間 2011/11/10 (木) ~ 2011/11/13 (日)
劇場 阿佐ヶ谷アルシェ
出演 水落磨樹、藤咲雪音、中宮慎琴、弓下志織、眞藤ヒロシ、ハ・ヨンジュン、細川健児、梅津翔、土居清光、佐藤大樹
脚本 青木悠
演出 青木悠
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,200円
【発売日】2011/09/11
前売3000円
当日3200円
サイト

http://ojiichantoneko.blog.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この物語は酉谷家の家族、とりわけ、その一家の子供たちの物語である。
子供たちと言っても、もういい年をした大人たちが親のいないこの「家」を守りながら生活をしているといったそんな物語だ。
酉谷家の当主である酉谷金之助・桃子夫妻は子供たちをおいて世界旅行を楽しんでいて、以前はたまにふらりと帰ってきていたが、近年は数回、手紙や絵ハガキをよこしてくるが、いつになったら帰ってくるのかは依然として不明である。

そんな一家を支えているのは長女の酉谷かずみ一美である。これといって仕事をしているわけではないのだが、一家がキチンと生活していけるように家事を切り盛りしている。
正太郎は働きもせず親の金で好き勝手に暮らしている。
次女の知美は新進気鋭の作家として十代のころから活躍している。しかし、けして奢ることなく謙虚に作品作りや生活を過ごしている。とても才能があるらしく、多くの人から期待を持たれている。一美の事をとても大事にしているが、どこかしらでの、嫉妬も持ち合わせているが、当人にその自覚は無い。
三女の博美は、十代前半からモデルとなり、現在ではタレントなっている。しかし、そこそこにしか目が出ず、不運なゴシップ・スキャンダルから今は芸能界から距離を置いている。

そんな一家に巻き起こる騒動。
その他注意事項 未就学児童の入場はご遠慮頂いています。
何卒、ご理解ご了承お願い致します。
スタッフ 舞台監督 入倉津
照明 成田章太郎
音響 志佐知香
音響プラン 齊藤圭祐
演出助手 岡村尚隆
舞台美術デザイン協力 望月美紀
 
宣伝美術 岡谷久美子
映像広報 日比博朋
制作 The Plantables、前田彩也子、望月美紀、82-party

[情報提供] 2011/08/19 17:26 by YukineF

[最終更新] 2011/11/17 11:04 by 909

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

111000

111000(0)

映像制作です!宜しくお願いします!

マソソソマソソソ

マソソソマソソソ(0)

よろしくお願いします。

909

909(0)

役者・俳優 脚本 演出 制作

脚本演出です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大