演劇

ホチキスvol.26

砂利塚アンリミテッド

デザイン:辻井 宏之(CPU)

0 お気に入りチラシにする

演劇

ホチキスvol.26

砂利塚アンリミテッド

ホチキス

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2011/10/05 (水) ~ 2011/10/10 (月) 公演終了

上演時間:

「砂利塚クリーン」は、夫婦で営んでいる、民間の小さな廃棄物処理業者。
今日も汗水たらして処理をする。
命の危険も顧みず処理をする。
そんな砂利塚クリーン、処理に困る問題が山積み。
さて、砂利塚さんご夫婦は、あうんの呼吸で処理できるのか…。

作者より
父を早くに亡くしているので、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/05 (水) ~ 2011/10/10 (月)
劇場 花まる学習会王子小劇場
出演 加藤敦、小玉久仁子、村上直子、齊藤美和子、山本洋輔、小野哲史(箱庭円舞曲)、齋藤陽介、津留崎夏子(ブルドッキングヘッドロック)、なしお成(電動夏子安置システム)、星野祐介(劇団フルタ丸)、村上誠基(柿喰う客)
脚本 米山和仁
演出 米山和仁
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】2011/09/03
前売り券
   一般 3,500円
   学生 2,800円(要学生証) 
当日券
   一般(当日) 3,800円
   学生(当日) 3,000円(要学生証)
☆初日/平日昼割
   一般 2,800円
   学生 2,500円(要学生証)
サイト

http://www.hotchkiss.jp/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「砂利塚クリーン」は、夫婦で営んでいる、民間の小さな廃棄物処理業者。
今日も汗水たらして処理をする。
命の危険も顧みず処理をする。
そんな砂利塚クリーン、処理に困る問題が山積み。
さて、砂利塚さんご夫婦は、あうんの呼吸で処理できるのか…。

作者より
父を早くに亡くしているので、私は夫婦をあまり知らない。しょうがないから、母の話を少し。
私が小3の時、こんな内容の授業があった。
グループに分かれ、国語の教科書の詩を朗読し、発表するというものだった。どのように朗読するかは、グループの自由だという。
私はグループ内で、お芝居のように読もうと提案した。
しかし、みな芝居などしたくないし、そもそも詩なので、芝居のようにできないと却下。一人3、4行を交代して読むという、単なる朗読に落ち着こうとしていた。
私は、他のグループとは何か変わった事をしたくて、様々なアイデアを出したが、全て却下された。
せめて、BGMくらいは流そうと提案したところ、それくらいならとグループの了承を得た。
あの時、私の中ではなぜか流すべくBGMが決まっていた。詩の内容は覚えていないが、この曲しかない!!! と強く思っていたことは強烈に覚えている。
それは「大きな古時計」。平井堅がカバーして話題になった、あの曲だ。
私は早速家に帰り、「大きな古時計」を探した。しかもピアノ伴奏のみのインスト。朗読のバックに流れるには、歌詞が邪魔だし、ピアノがよかったのだ。といっても、今のようにネットで音楽がさくさくと手に入る時代ではなかった。
さらに、我が家では、音楽を聴く文化が薄かったので、CDすらなかった。
私は母に尋ねる。
「大きなのっぽの古時計のピアノだけのテープ、あったよね!」
「そんなものあったかしら・・・。」
「あった、ぼく聴いたもん!」
「ないんじゃない・・・」
「や、ある、絶対ある!」
きっぱりと言い切る私だが、母が正しかった。そんな都合のよいものはない。
しかし、なぜか当時の私は、あると思い込んでいた。
家中のカセットテープを引っ張り出し、片っ端から聴くが、見つからない。当たり前だが・・・。
しかも、こともあろうに、テープを全部聴き終わることなく、私は疲れてうとうとしだす。
飽きたのだ。
当時の私が目の前にいたら、頭をひっぱたきたくなるへたれっぷりだ。
母は「あとは私が探しておくから、先に寝なさい」と私を寝かせた。
朝起きた私に、母は「あったよ。」と、一本のテープを渡してくれた。
「ほぉら、あったでしょ。」と勝ち誇る私。
学校で再生してみると、確かに、「大きな古時計」のピアノ伴奏が入っていた。
しかしどこかおかしい。音質がおかしい。
そう、それは、ラジカセで録音されたものだった。
私が寝ている間に、母が自分でピアノを弾き、テープを作ってくれたのだ。
BGMを用意するグループは他になかったので、私たちのグループの発表は拍手喝采、たいへん好評だった。
思えばあの賞賛された感動が、今の私の進む道を決定づけたのかもしれない。
母には、何度も「芝居なんてやめたら?」と言われてきた。
そのたびに、このエピソードを話す。
「この道に進んだのは、あなたのせいかもしれないんだよ。」と。
母はいつもこう返す。
「そんな事した覚えはない。」
ホチキス珠玉の家族劇。ぜひ会場に足をお運びください。
ホチキス代表 米山 和仁

その他注意事項
スタッフ 舞台監督:上嶋 倫子
照明 工藤 雅弘(Fantasista?ish)
照明操作 保坂 真矢(Fantasista?ish)
音響: 田島 誠治(Sound Gimmick)
美術:稲田 美智子
映像:上條 大輔
作曲:喜多形寛丈
衣装:谷野 留美子
カバーイラスト:小玉 久仁子
宣伝美術:辻井 宏之(CPU)
制作協力:林みく(Karte)
企画・製作:ホチキス

[情報提供] 2011/08/11 11:11 by ホチキス広報部

[最終更新] 2014/06/03 09:26 by ホチキス広報部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー12

小野

小野(0)

今更ですが、出てます! お楽しみニー。

ヨウスケ

ヨウスケ(0)

やってやるぜ

Karte

Karte(0)

制作協力をしています。

このページのQRコードです。

拡大