藝〇座

日本橋公会堂ホール「日本橋劇場」(東京都)

2011/08/18 (木) ~ 2011/08/19 (金) 公演終了

上演時間:

第一部は古典の日本舞踊。
第二部は”日本舞踊ミュージカル”とも言える新作です。

『勝三郎連獅子』
河竹黙阿弥作詞による歌舞伎舞踊の人気演目。「親獅子」が「子獅子」を千尋の谷に突き落とし、駆け上がってきた「子獅子」だけを育てるという故事のもとに作られたもの。
藝○座第4回目の公演に於...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/18 (木) ~ 2011/08/19 (金)
劇場 日本橋公会堂ホール「日本橋劇場」
出演 五條絢巳、五條珠雀、花柳鈿祥、花柳大日翠、花柳吉史加、花柳源九郎、花柳輔瑞佳、花柳寿美琴音、花柳静久郎、花柳達真、花柳美輝風、坂東はつ花、藤蔭静寿、藤間豊彦
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】
全席自由
サイト

http://www.geimaruza.com/kouen/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 第一部は古典の日本舞踊。
第二部は”日本舞踊ミュージカル”とも言える新作です。

『勝三郎連獅子』
河竹黙阿弥作詞による歌舞伎舞踊の人気演目。「親獅子」が「子獅子」を千尋の谷に突き落とし、駆け上がってきた「子獅子」だけを育てるという故事のもとに作られたもの。
藝○座第4回目の公演に於いての挑戦として、この「連獅子」を衣裳付ではなく、若手舞踊家による素踊りで表現する。紋付袴姿で表現される世界観はシンプルな中に強いドラマ性をより感じさせる事の出来る演出となっている。

『夏の夜の夢』
シェイクスピアの代表的な古典喜劇。
森をさまよう二組の男女と妖精たちが、夢と恋の世界に迷い込む夏の一夜の大騒動を描いた「夏の夜の夢」に、藝○座らしい舞踊表現の美しさと楽しさ、個性溢れる芝居やパワー全開の和楽器の生演奏を持って、真っ向勝負をかける。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/08/05 11:11 by coneoflight

[最終更新] 2011/08/29 00:14 by coneoflight

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

coneoflight

coneoflight(2)

照明 その他(空間デザイン)

照明デザイン&オペレートやります。 昨年のメキシコ公...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大