ミュージカル

ミュージカル

青空の休暇

ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

2011/08/10 (水) ~ 2011/08/14 (日) 公演終了

上演時間:

真珠湾攻撃から50年後…。
かつて爆撃のため、大空に飛び立った3人の若者たちも、今や75歳。 自分たちが攻撃をしたパールハーバーを見ようと再びハワイへ旅立った。 それぞれが胸に深い傷を抱えながらも、慣れない海外旅行に右往左往の3人組。そして碧い空のハワイで、真珠湾攻撃の戦闘で使われ不時着し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/10 (水) ~ 2011/08/14 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 駒田一、宮川浩、井上一馬、勝部祐子、田上ひろし、グレッグ・デール、米谷美穂、藤森裕美、杉野俊太郎、中村つむぎ、肱黒尚子、大西健次、吉田雄、竹浪歩、横山雄平、鈴木彩子、増美菜子
作曲 吉田さとる
脚本 中島淳彦
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 6,500円
【発売日】2011/04/28
[全席指定] 一般 6,500円  学生 3,500円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110612154011.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 真珠湾攻撃から50年後…。
かつて爆撃のため、大空に飛び立った3人の若者たちも、今や75歳。 自分たちが攻撃をしたパールハーバーを見ようと再びハワイへ旅立った。 それぞれが胸に深い傷を抱えながらも、慣れない海外旅行に右往左往の3人組。そして碧い空のハワイで、真珠湾攻撃の戦闘で使われ不時着した九七式三号艦上攻撃機と出逢うのだが…。
辻仁成の、可笑しくも切ない、愛と青春の物語を中島淳彦脚本、鵜山仁演出でミュージカル化。舞台を中心に活躍する駒田一、宮川浩を客演に迎え、そしてイッツフォーリーズの重鎮・井上一馬と共に75歳役に挑戦します。
"燃えてる夢を命を 残らず使ってみようよ 二度と戻らない 今日のために"
いずみたく作曲による「帰らざる日のために」を挿入歌に、戦争という影を背負いつつ生き延びてしまった男たちが、今も尚、懸命に、前向きに生きようとする姿を描く、イッツフォーリーズの期待の新作ミュージカルです。
その他注意事項
スタッフ 演奏  吉田さとる 太田裕子 えがわとぶを 澁谷健司

原作 辻 仁成(幻冬舎刊)
作詞 佐藤万里
振付 川西清彦/江夏 淳
美術 中嶋正留
照明 森下 泰
音響 返町吉保
歌唱指導  佐山陽規
衣裳 前岡直子
床山 石渡英男
演出助手 本藤起久子
衣裳助手 溝口貴之
稽古ピアノ 太田裕子
舞台監督 岩戸堅一

[情報提供] 2011/07/26 02:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/08/14 09:06 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大