舞踊・バレエ

エラ・ファトミ&エリック・ラムルーによるふたつのパフォーマンス

『マンタ』『ジャスト・トゥ・ダンス…』

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

エラ・ファトミ&エリック・ラムルーによるふたつのパフォーマンス

『マンタ』『ジャスト・トゥ・ダンス…』

アンスティチュ・フランセ東京

青山円形劇場(東京都)

2011/09/13 (火) ~ 2011/09/15 (木) 公演終了

上演時間:

フランス政府公式機関の東京日仏学院は、『フランス ダンス・イヤー2011』のイベントとして、2011年9月13日(火)、15日(金)の2日間、青山円形劇場にて、注目の振り付けデュオ、エラ・ファトミとエリック・ラムルーの2作品の公演を行います。

フランスで大きな論争を巻き起こしたヒジャー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/13 (火) ~ 2011/09/15 (木)
劇場 青山円形劇場
出演 エラ・ファトミ&エリック・ラムルー
演出 エラ・ファトミ&エリック・ラムルー
振付 エラ・ファトミ&エリック・ラムルー
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,000円
【発売日】
一般 3,500 円、日仏会員/学生 3,000 円、2日通し券(前売)5,000 円
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/11133

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 フランス政府公式機関の東京日仏学院は、『フランス ダンス・イヤー2011』のイベントとして、2011年9月13日(火)、15日(金)の2日間、青山円形劇場にて、注目の振り付けデュオ、エラ・ファトミとエリック・ラムルーの2作品の公演を行います。

フランスで大きな論争を巻き起こしたヒジャーブ(ブルカ)の着用をテーマにし、マグレブ出身の女性として、その心の動きを身体とヒジャーブを通じて表現した『マンタ』。コンゴや日本といった言語や文化が違うダンサーとコラボレーションすることにより、国境を否定し“共に暮らす”経験をダンスにした『ジャスト・トゥ・ダンス…』。2つの作品に共通して言えることは、“個人のアイデンティティ”について深く掘り下げ、政治的、社会的なアプローチを詩的に展開していることです。《これらの2つのプロジェクトは、ニュースとして取り上げられ議論になる前から準備していました。ある意味、ニュースが私たちに追いついてきたのです。社会の出来事と時期があったというのは、意図的ではなかったのですが…》―――― エラ・ファトミ



『マンタ』(2009年初演):モンペリエ・ダンス・フェスティバルに出品したイスラム教のヒジャーブをテーマにしたソロ。《思いきってついにその中の一着を買った。身に纏い、その中で感情が生じる。 様々な感覚に独占されてくる。導かれ、操られ。動かずに静止。身体を動かし移動してみる、そしてダンスになる...そう、私は知った、身体で探求し追求することを。この服を出発点に、芸術的な
動さを試してみる準備が出来ていたことを知った。》――― エラ・ファトミ

http://www.institut.jp/ja/evenements/11133


『ジャスト・トゥ・ダンス…』(2010 年初演):コンゴ、日本、フランスのダンサーたちによる、他者との関係について表現したシンフォニー。『ジャスト・トゥ・ダンス…』は、ダンサーたちの色とりどりの個性によって生み出される風景を見せる。伝統的な音楽から、即興音楽へと広がり、エレクトロ音楽が混ざる。身体が広がる巨大な空間で、音楽がざわめき走り、そこには、11 人のダンサー
それぞれが放つ異なった想像が混ざり合っている。

http://www.institut.jp/ja/evenements/11141
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/07/26 00:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/15 13:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大