舞踊・バレエ

文化庁芸術祭オープニング/国際音楽の日記念

新国立劇場バレエ団による バレエ・オープニング・ガラ公演

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2011/10/01 (土) ~ 2011/10/01 (土) 公演終了

上演時間:

平成23年度の文化庁芸術祭オープニング公演として「バレエ・オープニング・ガラ」を開催いたします。

オープニング公演は、古典から近現代までの珠玉のバレエ作品の中からえりすぐりの場面を抜粋して、華やかなバレエの世界をお届けします。
第1部は、2008年に新国立劇場で世界に先駆けて初演された...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/01 (土) ~ 2011/10/01 (土)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 新国立劇場バレエ団
演出
振付
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 5,000円
【発売日】2011/09/04
S席 5,000 A席 3,000 B席 2,000
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/20000534_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平成23年度の文化庁芸術祭オープニング公演として「バレエ・オープニング・ガラ」を開催いたします。

オープニング公演は、古典から近現代までの珠玉のバレエ作品の中からえりすぐりの場面を抜粋して、華やかなバレエの世界をお届けします。
第1部は、2008年に新国立劇場で世界に先駆けて初演された、舞踊芸術監督D.ビントレーによる『アラジン』から「序曲」「砂漠への旅」「財宝の洞窟」。特に洞窟のシーンは、恐竜の体内を彷彿させる大胆な舞台美術も話題となりましたが、オニキスとパール、サファイア、ルビーなどの様々な宝石が高度なテクニックを披露しながら、華やかに展開していきます。音楽はミュージカルや映画音楽で有名なカール・デイヴィス。
第2部は名作バレエのなかから古典の真骨頂ともいえるパ・ド・ドゥを3つお楽しみいただいたのち、バランシンの最高傑作のひとつに数えられる『シンフォニー・イン・C』から豪華絢爛な最終楽章「フィナーレ」でラストを飾ります。
新国立劇場バレエ団の高い技術・豊かな芸術性が凝縮されたひと時をどうぞお楽しみください。
その他注意事項
スタッフ 指揮・管弦楽 指揮:大井剛史  
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2011/07/16 05:07 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/07/16 05:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大