舞踊・バレエ

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術センター(京都府)

2011/10/14 (金) ~ 2011/10/16 (日) 公演終了

上演時間:

- - - - - - - - -
四方を壁に囲まれた舞台にたち上がる、
あまりにも近い“近さ”への問いと“他者”へのまなざし。
Question of “intimacy” and how we perceive “others” play out
on the stage surr...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/14 (金) ~ 2011/10/16 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 ヤニス・マンダフニス、ファブリス・マズリア
演出 ヤニス・マンダフニス、ファブリス・マズリア
振付 ヤニス・マンダフニス、ファブリス・マズリア
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2011/08/08
3,000円(一般)
2,500円(ユース・学生)
1,000円(高校生以下)
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/pad/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 - - - - - - - - -
四方を壁に囲まれた舞台にたち上がる、
あまりにも近い“近さ”への問いと“他者”へのまなざし。
Question of “intimacy” and how we perceive “others” play out
on the stage surrounded on all four sides by walls.
- - - - - - - - -

ヨーロッパ新世代のダンスの旗手が送り出す、果敢でスリリングなパフォーマンス!
舞台で繰り広げられるのは、あやうい彼らの<近さ>が私たちのカラダの知覚を揺るがし、そしてゆがめる、緊密な空間の壮大な実験。
「フォーサイス・カンパニー」のダンサーとしても知られ、幼少期からも互いを知るヤニス・マンダフニスとファブリス・マズリア、この二人の長きにわたる共犯関係は、“近さ”への問いと“他者”へのまなざしについて、極めて巧みな振付としての習作を生み出した。
引き寄せる力と引き離す力、支配するものと支配されるもの、それぞれの役割が入れ替わりながら展開し、「その境界はなにか?」を問いかける。それは、彼らの間にも、あるいは彼らと観客の間にも生じる、時に“近くて遠い”不安定な“距離”。この作品《P.A.D.》は、“知覚”、“意思”、そして“解釈”にまつわる観念に横たわる、身体そのものに迫る深遠な問いへと観客をいざなうだろう。
その他注意事項 ポスト・パフォーマンストーク
★10月16日(日)終演後
スタッフ 舞台監督:マックス・シューベルト

[情報提供] 2011/07/12 01:17 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/06 16:46 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大