演劇

KYOTO EXPERIMENT 2011 公式プログラム

アンドロイド演劇『さようなら』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術センター(京都府)

2011/10/01 (土) ~ 2011/10/02 (日) 公演終了

上演時間:

- - - - - - - - -
人間とロボットの境界とは、
人間にとって、ロボットにとって、“生”とは、そして“死”とは…。
What is the boundary between human and robot?
What does life and death mean to...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/10/01 (土) ~ 2011/10/02 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 ブライアリー・ロング(青年団)
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】2011/08/08
1,000円
(一般/ユース・学生/高校生以下)
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/android/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 - - - - - - - - -
人間とロボットの境界とは、
人間にとって、ロボットにとって、“生”とは、そして“死”とは…。
What is the boundary between human and robot?
What does life and death mean to us and to robots…?
- - - - - - - - -

劇団「青年団」を主宰し「現代口語演劇理論」に基づく緻密な劇世界を織り上げる演劇界の旗手・平田オリザと、自身を精密にコピーしたロボット「ジェミノイド」で知られるロボット研究の第一人者・石黒浩。世界的に活躍する2人の能がタッグを組み、大阪大学で進めている「ロボット演劇プロジェクト」がついに京都に初登場する。
ただ詩を読み続けるアンドロイドと、死を目前にした一人の少女の物語。谷川俊太郎、ランボー、若山牧水などの詩を、アンドロイドが淡々と読み続ける中で、人間とロボットの、まったく新しい関係が示される。
アンドロイドと俳優が舞台上で共演することにより、観客は、どちらが人間なのか一瞬わからなくなり、アンドロイドに対して「人間よりも人間らしい」奇妙な感覚を呼び起こす…。
もしアンドロイドが人間よりも人間らしいと感じるなら、人間とは一体何だろうか? “ロボット”のイメージを一新し、演劇×科学の融合の臨界点を示す、衝撃の〈実験〉作品。
その他注意事項 ポスト・パフォーマンストーク
★10月1日(土)…石黒浩
★10月2日(日)…平田オリザ
スタッフ 演出助手:谷賢一
出演:アンドロイドの動き・声:井上三奈子(青年団)
舞台監督:尾崎聡
テクニカルアドバイザー:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)
美術:杉山至
照明:岩城保
衣装:正金彩
制作:野村政之
ロボット側ディレクター:力石武信(大阪大学石黒浩研究室)、小川浩平(ATR知能ロボティクス研究所)

[情報提供] 2011/07/12 00:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/06 17:03 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大