演劇

リオフェス2011参加作品

猫とカナリア…と?

千賀ゆう子企画

こまばアゴラ劇場(東京都)

2011/07/01 (金) ~ 2011/07/03 (日) 公演終了

上演時間:

俺の猫。/私のカナリア。
一組の夫婦と恋人たちとの愛憎うずまく四角関係――。
長年の友人であった岸田理生が『桜の森の満開の下』(坂口安吾原作)に続いて千賀ゆう子企画に書き下ろした戯曲『猫とカナリア』(出演:大杉蓮、陰山泰、梶塚秀子、千賀ゆう子)をテキストに、言葉と現代音楽(チェロ)と役者た...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/01 (金) ~ 2011/07/03 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 清水周介、杉村誠子、千賀ゆう子、鶴山欣也(舞踏公房若衆)、原田拓巳、山本ありす、野田光太郎、加藤翠、川島むー、木舘愛乃、佐藤和加子
脚本 岸田理生
演出 千賀ゆう子
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】
前売・予約3000円 当日3500円 学生2500円
日時指定自由席(整理券配布)
サイト

http://homepage3.nifty.com/senga-unit/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 俺の猫。/私のカナリア。
一組の夫婦と恋人たちとの愛憎うずまく四角関係――。
長年の友人であった岸田理生が『桜の森の満開の下』(坂口安吾原作)に続いて千賀ゆう子企画に書き下ろした戯曲『猫とカナリア』(出演:大杉蓮、陰山泰、梶塚秀子、千賀ゆう子)をテキストに、言葉と現代音楽(チェロ)と役者たちが即興で紡ぐ、解体的「猫とカナリア」の時空。

千賀ゆう子のもとに、役者・舞踏家・体操選手・新人・楽師が集い作品をコラージュします!!お楽しみに。
その他注意事項
スタッフ 楽士: 入間川正美〔チェロ〕
   
舞台監督: 長堀博士(楽園王)
照明: ミゾカミクニコ
宣伝美術: 岩田理恵

[情報提供] 2011/06/22 13:50 by tetorapack

[最終更新] 2011/07/03 23:32 by ぼっこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大