演劇

日本の近代戯曲研修セミナーin東京

「瞼の母」「刺青奇偶」

長谷川伸を読む!

0 お気に入りチラシにする

演劇

日本の近代戯曲研修セミナーin東京

長谷川伸を読む!

「瞼の母」「刺青奇偶」

一般社団法人 日本演出者協会

芸能花伝舎(東京都)

2011/09/24 (土) ~ 2011/09/25 (日) 公演終了

上演時間:

明治以降の劇作家が新たな演劇を求め、
何に挑んだかを探るリーディングとシンポジウムの二本立て!!

“近代”戯曲を読み直し、”現在”の問題を見つめ直す。演劇史に綺羅星のように輝く戯曲から、そうでない戯曲まで、何が語られ、何が見捨てられてきたのか、新たな発見を求めて、戯曲を「読み」そしてシ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/24 (土) ~ 2011/09/25 (日)
劇場 芸能花伝舎
出演 今井夢視(劇団言葉座)、瓜生正美(青年劇場)、北川能功、佐野バビ市(劇団東京ミルクホール)、関根好香(思考動物)、西沢栄治(JAMSESSION)、洪明花(ユニークポイント)、望月純吉(文学座)、泉陽二、菊池章友(Pカンパニー)、冨永真理、中村哮夫、広田豹(ブルバキ・プリュス)、丸尾聡(プロジェクトM)、矢内文章(アトリエ・センターフォワード)
脚本 長谷川伸
演出 「瞼の母」御笠ノ忠次、「刺青奇偶」福田善之
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,000円
【発売日】2011/09/01
料金:1 , 5 0 0円(協会員無料)

9月25日(日)
料金:2 , 0 0 0円(協会員無料)
※リーディングのみ1 , 5 0 0円
サイト

http://jda.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治以降の劇作家が新たな演劇を求め、
何に挑んだかを探るリーディングとシンポジウムの二本立て!!

“近代”戯曲を読み直し、”現在”の問題を見つめ直す。演劇史に綺羅星のように輝く戯曲から、そうでない戯曲まで、何が語られ、何が見捨てられてきたのか、新たな発見を求めて、戯曲を「読み」そしてシンポジウムで「語る」。
その他注意事項
スタッフ 『瞼の母』演出助手/青井陽治  『刺青奇偶』演出助手/小林拓生(ダブルフォックス)  音響/畑圭( 太陽倶楽部レコーディングス)  宣伝美術/前嶋のの
撮影/細谷修平  担当/斉藤由夏  企画・製作/ 日本演出者協会 総合プロデューサー/ 佐々木治己

[情報提供] 2011/06/18 17:45 by ゆかちん

[最終更新] 2011/09/17 07:31 by ゆかちん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ゆかちん

ゆかちん(7)

演出家だけの企画です。 稽古場見学もできます!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大