演劇

演劇ユニットてがみ座第5回公演

―わたしがみすゞだった頃のこと―

空のハモニカ

デザイン:杉江あき

0 お気に入りチラシにする

演劇

演劇ユニットてがみ座第5回公演

空のハモニカ

―わたしがみすゞだった頃のこと―

てがみ座

「劇」小劇場(東京都)

2011/09/14 (水) ~ 2011/09/19 (月) 公演終了

上演時間:

1930年春、下関。愛する娘を残して26歳で命を絶ったテル。
亡くなる前日にはひとり肖像写真を撮った。まるで生きた証を刻み付けるかのように。
大正後期に黄金期を迎えた童謡詩の世界で、星のようにひときわ輝いた名がある――「みすゞ」。
テルが金子みすゞとして生きたのは、ほんの三年ほどの僅かな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/14 (水) ~ 2011/09/19 (月)
劇場 「劇」小劇場
出演 尾崎宇内(てがみ座)、福田温子(てがみ座)、大場泰正(文学座)、石村みか、新井結香(劇団桟敷童子)、美舟ノア、宮本翔太(椿組)、今泉舞、ほか
脚本 長田育恵
演出 扇田拓也(ヒンドゥー五千回)
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,800円
【発売日】
早割:3,000円
前売:3,500円
当日:3800円
サイト

http://tegamiza.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1930年春、下関。愛する娘を残して26歳で命を絶ったテル。
亡くなる前日にはひとり肖像写真を撮った。まるで生きた証を刻み付けるかのように。
大正後期に黄金期を迎えた童謡詩の世界で、星のようにひときわ輝いた名がある――「みすゞ」。
テルが金子みすゞとして生きたのは、ほんの三年ほどの僅かな時間だった。

路地裏の狭い家に移り住み、「みすゞ」としての筆を絶つテル。
夏越まつりのお囃子が、ふるさとの遠い海を連れてくる。
漁で栄える小さな町。どんなに胸に描いても、あそこに帰ることは、もうできない。
空一杯にこだまする「みすゞ」の残響を掻き消すかのように、ぬかるみを歩き出すテル。
大きな空は喪ったけれど、足下に、水に映る小さな空を見つけた――。

テルが「みすゞ」という名を捨てて自身を綴るように生きた最後の日々。
それは言葉にならない、けれどきっと光への詩。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/06/16 14:16 by MAICO.

[最終更新] 2013/01/07 18:30 by MAICO.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

てがみ座 福田温子

てがみ座 福田温子(0)

出演します。この時代に生きた人々を強く明るく演じたいです☆

てがみ座 長田育恵

てがみ座 長田育恵(0)

てがみ座主宰です。深いとこまでいきたいですよ。

このページのQRコードです。

拡大